9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固めの便。

ここ1ヶ月ほど、猫トイレにコロコロうさぎのフンの様な便を見かける事がありました。
緩めの便の時ばかりを気にしていて、コロコロの便の事を重視していませんでした…。

次第に便に水分が無くなり結構固くなってきたので
何だか不安になり検索すると…どうも「便秘」の状態に近いようで…

とにかく『誰が』してるかはっきりわかってから病院へ…と
数日様子を見ていました。


怪しいのがビビとラビ。
運良くビビのトイレに遭遇しましたが…どうも違う。
食前後の体重をはかり、トイレにコロコロ便があるのを見つけ
再度猫達の体重を計ると、ラビだけが300g減ってました…。


と言うわけで多分、ラビの便だと思います。



その便を持ち急いで病院へ。

便検査の結果何も異常は無いようで、触診の結果も問題無しとの事。
もっと酷くなるなら薬も使うとの事でしたが、

取りあえずはフードと水を多めに飲ませる方向で様子を見る事になりました。



便が気になり出してから、食物繊維多めのフードや
便秘に効果のあるフードと水を混ぜて与えてるのが効果があったのか
先ほどの便はとても固いのが1つ。形はコロコロと短い便ですが
水分を含んでる便なので硬さとしては丁度良いと思います。


薬とか使わずになんとか腸内環境を改善したいです。
とか言いつつ、とりあえず善玉菌増やすサプリを購入しました!




にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ


人気ブログランキングへ

もう少し柔らかい便になりますように。



拍手レスです

神崎さんへ

コメントありがとうございます!
(お返事遅くなってごめんなさい)
人間の赤ちゃんも動物の赤ちゃんも
とても可愛いですよね。本当に心が癒されます。

FIPの事は私もわからない事だらけで…
ケーナインラボさんのブログはとても詳しく書かれていますし
FIPの事も真剣に考えて下さってるので今後も
情報が期待出来ると思います。とても力強いですよね。
>コロナを持っている=バイ菌のような偏見が強い…
これはきっとどの飼い主さんも獣医さんも「不安・恐れ」を
感じてしまうのだと思います。大元のウィルスとされていますからね、
猫コロナウィルスを所有している猫、と聞くとやはり警戒してしまうのは
愛猫を想う気持ちなので仕方無いと思います。
病気の子を変な目で見る…と言うよりは、病気が移らないように…
と自己防衛の気持ちが強いのだと思います。
珠稟ちゃんの避妊手術の経過はとても喜ばしいことですね。
ラビイヴもまだしていませんので、珠稟ちゃんの術後に
とても勇気を貰いました!ありがとうございます。

FIPの情報を見る度にとても考えさせられます。
本当に一日でも早く「FIPが治る病気」になって欲しいです。
コメントありがとうございました。

テーマ : 長毛にゃんこ♪ ☆もふもふな日々☆
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。