9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月は特別な月。

8月も終わりましたね。


9月は我が家にのっちんとあーちゃんがやってきた大事な月。



正直…、モモもビビ達も捨て犬、保護猫、野良猫…だったので 
「お金を出して犬猫を買う」と言う事に対してずっと嫌悪感がありました。


こんなに可愛いモモが、もしかしたら野良犬として保健所で処分されてたかもしれない。
こんなに可愛いビビが、もしかしたらずーっとお外で辛い日々を過ごす一生だったかもしれない。
こんなに可愛い蘭たんが、もしかしたら事故に遭って死んでたかもしれない。
こんなに可愛いスズが、もしかしたら飢え死にしてたかもしれない。


運良く、人間に出逢い、私のところへ辿り着き、
寝床にも食事にも困らない、好きな時にゆっくりお昼寝が出来る安心した暮らしが出来る。


「飼える余裕があるなら、お家が無い子を1匹でもいいから減らしたい」


たった一匹を救ったって現状は何も変わらない…
そんな事はありません。


蘭たんの命は「たった一匹」じゃない。
スズの命は「たった一匹」じゃない。
モモの命は、ビビの命は…


とてもとても大きな命。


どの子も命の重さは同じ。
だから「一匹でもいいから不幸な子を減らしたい」



そんな私が、「お金を出して猫を買う。」
矛盾してます。


自分でも嫌悪感と罪悪感を感じます。



でも、
あの時

ノルウェージャンを迎えたいと思った時。



私はどうしても「今じゃなきゃダメだ」と、まるで強迫観念にかられるような
そんなどうしようもない、強い思いを感じました。



どうしても今じゃないとダメ。
どうしても今!この子じゃなきゃダメ!!



それが私の大事な愛しいノア。




猫をお金で買うなんて、私には一生無い事だと思ってた。
でも今は、どうして突然「買いたい」と思ったのかわかります。



のっちんとは出逢うべくして出逢った…そう思ってます。


のっちんがいて、あーちゃんがいて、ラビとイヴがいる。


もっと言うとずっと猫が苦手だったから、ビビとの出逢いがあって
今の私になって、蘭たんがきて、スズがきて…


ビーにゃんがどんどんどんどん幸せを運んでくれる。


あの時、
ビビがもし助からなかったら…

猫の素晴らしさを知る事なく、猫のいない人生だったと思います。
猫のいない人生なんてもう考えられません。




のっちんと出逢えたからあーちゃんと出逢えた。




お家の無い子を迎えることも、お金を出して買う事も、
命の重さは同じ。


もし頑なに「嫌だから」とお金で買う事を避けていたら
ノアにもアルにもラビにもイヴにも出逢えていない…。


そう考えると本当に不思議…。

自分の直感を信じてよかったと思います。






9月はのっちんとあーちゃんが私の子になった月。



ノアとアルとの初めての挨拶。

ずっとずっと忘れない。





にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ


人気ブログランキングへ

ありがとうございます。




テーマ : ノルウェージャンフォレストキャット
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。