9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年8月10日 アル6回目の月命日。

2009年8月10日。

アルが旅立って半年が経ちました。



とってもとっても可愛いあーちゃん。
もうとても長い間、離れてしまった様に感じるけどまだ半年…。

たった半年前。
あーちゃんがそばに居てくれたなんて、まるで嘘のようです…。

アルのいない時間はとても長く遠く感じます。



あーちゃんが家に来た日、
のっちんが家に来た日、

今も昨日の事のように思う。



とっても可愛いあーちゃん。



私の大事なアル。



今も私の心の中で生き続けるあーちゃん。



もしかしたらまだそばに居てくれてるのかな…?




実は8月に入って2回、不思議なことがありました。

先日、新しいキャリーとラビイヴの写真を撮ってた時…
ラビちゃんだけを撮ってたら、横の階段をトントントンと白い足の子が
降りて行ったので…イヴが下へ降りていっちゃった!とすぐにカメラを置き
階段の上から下を見ると…玄関が開いてました。脱走したかも…!
と焦ってラビのいるところを見るとラビの後ろ(私が居たとこの後ろ)に
チョコンと寛いでるイヴがいました。

「なーんだ、イーちゃんずっとそこにいたのね」と胸を撫でおろしましたが…
じゃあ、今階段を降りていった子は…??
ラビはずっと撮ってたし、イヴは私の後ろで寛いでいたし…
他の3匹は室内にいるし(それに手足は白く無い)
階段の降り方はのっちんやあーちゃん、ラビイヴの幼い子の
トン、トン、トンって降り方だったので大人猫とは違う…。

とにかく不思議でしたが…でも、
あーちゃんが「玄関あいてるよー」って教えてくれたんだと思うと
妙に納得できます。

普段、こういう不思議な体験はありませんが
日中に意識がしっかりしてる時に実際に目にしたので…
何だか疑い様がないんですよね。

それから数日後の今日。
あーちゃんの6回目の月命日。


廊下でラビイヴが寛いでいると…いつの間にかモモが玄関の
網戸を開けて外に出てました!

母が

「ラビが外に出た!モモの横通って右の方に行った!!」って…!!
急いで追いかけるけどどこにもいない…
思わず右ってどっち?こっち??と焦っていると、

「嘘?家の中にいる!!逃げてない!!」と母の声。

ラビは廊下の真ん中に隠れてました。
イヴは2階の廊下にいました。

でも母は実際に右に出ていった猫を見てます。

よその猫が家の中に入るのは考えられないし…(玄関にモモがいたので)
母は外に出る瞬間を目撃して一度も玄関から目を離してないので
もし戻ってきていてもそれを目にするはず…。
(それにそんなに素早く廊下の真ん中にいけない)


もしかしてまたあーちゃんが
「玄関あいてるってばー!」と教えてくれたのかも…。


でもお外に出て行ってしまったって事は…
あーちゃん、もうさよならのつもりなのかな…。


どちらにしろ、
この不思議なことのおかげで
開いてる玄関に気が付き、ラビイヴの脱走が防げました。



のっちん、
あーちゃん、


きっと教えてくれたんだね。
ありがとう。


どうかこれからもラビイヴを守ってあげてね。


あーちゃん、ありがとう。
おやすみ。


にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ


人気ブログランキングへ

テーマ : ノルウェージャンフォレストキャット
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。