9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tagu様へ(FIPのこと)

10月15日のコメントに先程気が付きました。
申し訳ございません。鍵コメで構いませんので
もし何かありましたら宜しくお願い致します。
ただ、FIPの事、ノアとアルが発症したのは
もう5~6年前になりますのでFIPの現状については
全く調べておりません。(イヴの死因は心臓です)

私がお答えできる事でしたらお返事致しますので
もし宜しければ鍵コメントをお願い致します。
8日もお返事が遅くなり大変申し訳ございません。

(FIPの治療法や見解についてはそれぞれの考え方、
病院の判断も違ってきますので、ブログに書いてる通り
私が書いてる事は一つのケースとしてご覧ください。)


**********
追記:

先程、数年ぶりにFIPについて調べました。
2012年のケースでFIPを克服した猫ちゃんが
ブログにて詳細(治療法)を書かれております。

「具合が悪くても食欲があった」
「ずっと食欲があったので点滴しなかった」

との言葉がありました。


ノアもアルも「高熱」「食欲不振」さえなければ
もしかしたら持ち直したかもしれない…と思っています。
薬で熱が下がれば動きも出ていました。ただ、
ノアとアルはどうしても食べる事が出来ず、
頑張って流動食、点滴もしましたが足りませんでした。
飲み込む力も無いので流動食に限界がありました…。

蘭が肝リピで瀕死の状態になった時も「ご飯が食べれない」
事が原因で、ビビが保護時に瀕死の状態だった時も「餓死寸前」
でした。数年前にFIPの最後は餓死です、との記事を読んだ時
ノアとアルはまさにそうだと強いショックを受けました。
食べれなくなってからが本当に早い。
こんなにも別の猫のようになってしまうのか…たった1ヶ月で。

FIPを完治した子(FIP 完治 でブログが出ます)が
ずっと食欲があったこと、これはとても大きな意味があると思います。

数年前に、もしあの時ノアとアルが食べれていたら…
蘭が肝リピの時に胃ろうチューブを取り付けどんどん回復したのを
見てからは、もしノアとアルに胃ろうチューブをつけて
食事を与え続ける事が出来ていたら…と思わずにはいられませんでした。
ノアとアルのようにどうしても食べれない子は早々にチューブで
食事を与える事を試してみても…私はもし、もし…の場合があるとするなら
多分、診断と同時にチューブ設置手術をすると思います。
完治した子のブログを読んで、また改めて強くそう思いました。

蘭は今日明日死んでもおかしくない状況で手術をし、
設置後は数日でケロっとしており、退院後は設置したまま
(またもし食べれなくなったらそこから食事を入れる為に
様子見でつけていました)何も問題なく生活していました。

私にとって胃ろうチューブ設置手術は
こんな瀕死な猫でも耐えられる手術だと認識しています。

FIPの初期段階なら当時の蘭よりはるかに元気で体力もある。
でも、これはただの素人の浅はかで単純な考えにすぎません。
ただ、ノアとアル、先生と飼い主必至で頑張りましたが
助けてあげる事が出来ませんでした。
もし可能性がゼロではないのなら、私は胃ろうチューブを
取り付けたいと思ってます。

肝リピの治療で取り付ける治療は珍しくありませんが
手術、胃ろうチューブとなると飼い主さんが怖がり、
なかなか決断できないとの事でした。
信頼している先生なので、先生が「出来る」「必要」と
判断した時にすぐにお願いします、と任せました。
これで数日待っていたら手術に耐えられる力が
なかったかもしれません。


**************


FIPの事は未だに辛い記憶です。
今はもう出来るだけ考えないようにして暮らしています。
ノアとアルの事、FIPの事、考えれば考えるだけ
悲しみと苦しみと無念の気持ちしかありません…。
FIPを調べると、辛い闘病記録、頑張ってる猫ちゃんの姿
飼い主さんの苦しみ、現在進行形だったらなおさら…
辛くて辛くて堪りません。こんな稀な病気、
出来れば一生関わらずに、幸せに暮らしたかった。
幼い子を病気で亡くすのは本当に辛い。
闘病している姿は、本当になんでうちの子が…と
天を恨まずにいられません。

FIPを発症してしまったこと、
その事実は今もとても辛いことですが、
いつの日か、心からFIPと切り離して
ノアとアルの事をただ「可愛い、愛しい」と
想えるようになりたいです。


************

FIPが治る病気、となる日がきますように。


ノア 享年生後8ヶ月と16日

noah08010510.jpg

アル 享年生後6ヶ月と25日

aru08121101.jpg

とっても活発でふっくらモコモコの大きな、
元気いっぱいの子猫。

のっちんとあーちゃんは両親とも同じ、
1歳違いの美形兄弟です。


noaharu3 blog

可愛いのっちん、可愛いあーちゃんおやすみ。

テーマ : ノルウェージャンフォレストキャット
ジャンル : ペット

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://jyujyublogxx.blog67.fc2.com/tb.php/2017-1a16281f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。