9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイちゃんにそっくり!?

先日、友人から

「子猫拾って飼う事になりました。
何の種類かわかりますか?」

とメールが来てびっくり!



メイちゃんそっくり!!!

pp013070703.jpg

ふわふわなところも
三毛のところも顔の色合いも。


pp013070704.jpg

襟巻なところも
ソックスなところも!

見れば見るほどメイちゃんそっくり(*^^*)

pp013070702.jpg

箱に入って公園に捨てられていたらしい……こんなに可愛いのに!!



こっちが生後2ヶ月くらいのメイちゃん。

mp13010501.jpg

そっくりでしょ(*^^*)

mp12123116_20130708021318.jpg

チビにゃんの頃のメイちゃん。



友人の子はお目目がまんまる!
とっても愛らしい顔をしてます。

人懐っこくじゃれてきます♪
可愛いなぁ~。

半年前のメイちゃんを思い出しました(*^^*)



無邪気に遊んでる子猫の姿は
見ているだけで幸せになれますね。

もちろん、大人になった猫も同じです(*^^*)



メイちゃんの子猫時代の写真があったので
次に載せますね~♪




拍手レス
★Etsuko★ 様
はじめまして。コメントありがとうございました。
ノアが旅立ち5年が過ぎた今やっと少し心の整理が
出来そうな…でも今だに前にすすめないのも正直あります。
5歳のラグちゃんが心の支えと言うのも本当によくわかります。
私もノアとアルとイヴを亡くし、心の支えは当時最後に迎えた
純血種のラビでした。ラビが元気でいてくれる事だけが希望と救いでした。
(蘭丸達は元気でいるのが「当たり前」みたいな感じなので…^^;)

★Etsuko★ さんが迷われる気持ち凄くわかります。
怖い気持ちもわかります。FIPは稀な病気、
そんな稀な病気なのにノアとアルがかかってしまった。
私のせい、うちにこなければ…ずっと思っています。
でも、だったら同じように一緒に暮らしている蘭丸達も
FIP発症するはずなのでは?ノアとアルが発症して、
イヴ、ラビ、マスク、メイちゃんを迎えましたが
FIPとは無縁に暮らしています。勿論、蘭もスズもビビも。

正直、病気になる、事故にあう、怪我をする…
先の事はどんなに考えても知る事は出来ません。
「なるようになるのだから」とブリーダーさんに言われました。
当時はなんて軽い言葉なのだろう…と胸を痛めましたが、
でもそうなんですよね…私もとても心配し、不安いっぱいの中
メイちゃんを迎えました。正直、FIPの事は考えたくもありません。
でも忘れきる事は決して出来ないのです…ただ、年月が経った今、
そしてラビが心臓肥大と診断されてからは
「生きてる間は悲観して泣くのをやめよう」と思うようになりました。

なのでメイちゃんの事も心配せずに
普通の飼い主さんが、普通に楽しく明るく「子猫を迎える」事と
同じ気持ちでメイちゃんを育てています。
…実際、メイを育てているのはスズやラビなんですが…(笑)

先の事はわかりません。
だから私はこの先どんな事があっても
その子の運命すべてを受け止めると覚悟を決めて
メイちゃんを迎えました。


FIPを発症した兄弟の育った環境に残された蘭丸達、
そして心臓肥大のラビ、そして同じくノルのメイちゃん。

この子達が元気で生きてる姿が
FIPで苦しんでる飼い主さんの、
ほんの少しの希望になれば…嬉しいです。


★Etsuko★さんの答えはもう出てるようなので
あとは、前向きに、前向きに、前向きに、
新しい子と向き合って下さいね。


でも、人間なのでどんなに覚悟を決めても
メイを迎え対面した瞬間あまりの弱々しさに
一気に不安、心配になりました。
迎えて数日は後悔もし、不安に押し潰されそうでした…。
メイを迎えて7ヶ月経ちますがメイは元気に育ってます(*^^*)



私は今、
メイちゃんを迎えてよかったと心から言えます。

ノアもアルもイヴもうちの子として
出逢えてたこと、心から感謝しています。
一生、ずっと愛しい私の子です。


★Etsuko★さんの励ましにならないかもしれませんが
同じ悲しみを背負ったもの同士、気持ちはわかるつもりです。

長々とすみません。
コメント本当にありがとうございました。

テーマ : 長毛にゃんこ♪ ☆もふもふな日々☆
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。