9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラビちゃんのこと。

2012年もあと1週間程ですね。


いつかは書こうと思ってたので…書きますね。
まず最初に、私もラビも前向きなので、前向きに読んで下さい(*^^*)



初めて言いますが、

ラビは2年前からお薬を飲んでます。

病名は 【 肥大型心筋症(HCM)】です。

3年前に診断されました。
(※HCMの詳細はこちらでは書きません)






イヴちゃんの事は詳しく書ける心情にはまだなれないので少しだけ。

3年前のイヴの死因はHCMの発作です。
「HCMは突然死する事もある」…の発作が起きての突然死です。

イヴが亡くなったのは2009年11月です。
その直後にラビのHCMを告げられました。

でも納得できず、
心臓を詳しく調べてくれる病院を探して
半日かけて詳しく調べて貰いました。

結果、

「姉妹猫のイヴの事を考えても、HCMの可能性が高くても、
ラビちゃん自身の今現在は「グレー」私だったらこの状況ではまだ薬は出しません」

との事でした。

それから2度程検査をして様子を見ていたのですが
少しだけ肥大が進んでしまったので、2年前に投薬がはじまりました。





ラビは軽度です。
まだ初期と言うのかな?
3年前から比べて、殆ど大きさに変化はありません。

とても良い状態を維持出来ています。

ラビはまだ無症状です。
毎日、朝晩の投薬はしていますが元気食欲はあります。
HCMと言わなければ誰もわからないでしょう。
そのくらい健康の猫とかわりません。
だから私は悲観してません。



HCMの突然死への不安と恐怖は嫌な程わかっています。
実際にイヴにおきた事なので…。
本当に突然なので。

でも、この突然死を知ってしまった上で

ラビの事は悲観していません。
心配していません。



元気で生きている「今、現在のラビ」がここにいるからです(*^^*)





ノアとアルとイヴが死んでしまった悲しみは
いつまで経っても消えません。いつまで経っても、
亡くしたあの瞬間と同じ、それ以上に会えない辛さが募り
もっともっと悲しくなる…ずっとずっといつまでたっても悲しい。
我慢したって何したって、いつまでもずっと悲しい。



だから、
生きてる間は悲んだりせずに「今生きてること」を喜び感謝しよう。



ノアとアルとイヴを失って、そう考えるようになりました。

この先、病気になっても怪我をしても、
生きてる間は悲しむのをやめよう。



だからラビのことは全然悲観していません。
もちろん、ラビは「今現在、元気」と言う事がとても大きく影響しているのだと思いますが。


FIPのように、
日に日に衰弱し食べれず弱り動けず苦しそうにしている姿を目の前にしたら
こんな風には思えないと思います。嘆くなと言われても嘆くし
悲しむな心配するなと言われても悲しいし心配する。辛くて辛くて堪らない。


でも、
ラビは元気です。


スズ達と同じで、ご飯の用意をはじめたら跳んでくるし(笑)
マスク達を押しのけて食べる。
ご飯を食べた後は、丁寧に毛繕いをして…
ソファでお昼寝をする。
起きてしばらくしたらオモチャで遊んで…
近くにいるマスクやスズにちょっかいを出して
取っ組み合いの喧嘩ジャレ合いをしたり、追いかけっこをしたり。




お薬とサプリが欠かせないだけで、

普通の猫と同じです。



お薬は苦いからイヤだけど、サプリは大好きで
ンマ♪ンマ♪言いながら食べます(*^^*)

ラビちゃんお薬頑張ってるもんね♪ 良い子だもんね♪


こういう理由があって、ラビは4歳ですが1度しかシャンプーしてません。
普段は気にしてないけど、シャンプーでの心拍数はちょっと度を超えるので…
シャンプーしなくてもふわさらもふもふ♪色もくすんでないし匂いもない。



ね、ラビちゃん凄いでしょう?(笑)
スーパーラグドールなのです(*^^*)


本当、素晴らしい子です。




ちなみに、ラビはお薬と別にサプリとしてAHCCを飲ませています。
9歳で亡くなったHCMの猫ちゃんの飼い主さんが
「AHCCを飲ませてから目に見えて良くなった」と書いてたので飲ませています。

ラビは一生投薬なので、お薬は肝臓に負担がかかる(蘭で痛いめ見たので;)
AHCCで肝臓の負担を和らげたいと考えて飲ませてます。
ラビのこともあって我が家ではAHCCは欠かせないのです。




ラビはとっても元気です。私も大丈夫です。
いつもうちの子達を見守って下さりありがとうございます。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ


テーマ : 長毛にゃんこ♪ ☆もふもふな日々☆
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。