9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すやすや。

完全に猫専用になったソファ。

すやすや…ぐぅぐぅ。



気持ちよさそうに寝てます(*^^*)



ふふ…寝てる姿もちょっと面白い。


この後、可愛すぎてぐりんぐりんに撫でまわしてしまいました(^^;
でもちゅったんはちょっとやそっとじゃ起きようとしないので
目をつぶったままされるがまま。そしてそのまま寝続けます(笑)




くまごろさんへ
※肝リピドーシスについて動物病院のHPから一部転載です※

【肝リピドーシスに罹患した猫に対する唯一確実な治療方法はチューブ栄養です。
 
長期間のチューブ栄養は、死亡率90%というこの病気の予後を死亡率30%以下に改善します。

チューブ栄養には3つの方法があります。
(経鼻胃栄養チューブ、経頸部食道胃栄養チューブ、胃ろうチューブ)

これらの方法によって一日に必要なカロリーの流動食を与えることが可能です。

頻繁な再検査によって、二次感染を起こしていないか、

全身状態に変化はないか、血液所見に変化がないか、等を調べます。

肝臓酵素は、たいていの場合最初の治療から2~8週間以内に改善します。

そのときまで口から食べ物を与えるべきではありません。

いったん患者猫が食べ始めたら、数週間かけてチューブ栄養の量を徐々に減らし、

最終的にはチューブ栄養を終了します。

たいていの猫は3~4ヶ月でチューブをはずすことができます。

基礎疾患のない特発性肝リピドーシスの猫が再発することは稀であり、

回復した猫は元どおりの生活をします。】

以上転載です。


(くまごろさんへ)
愛猫ちゃん経鼻チューブで流動食なんですね。
本猫のストレスも殆ど無いとの事、
これが一番嬉しいですね。安心しました。
確実に栄養を摂れるのって心強いですよね。
これからも頑張って下さい。

黄疸は蘭丸も酷く、すぐには治まりませんでした。
治まるのに時間がかかるものなのでしょうか…。
蘭は黄疸の数値が落ち着いた後も粘膜等
うっすらと黄みがかっていました。
また黄疸が酷いと病状(ぐったりしてる等)も
酷かったです。肝リピは食事(栄養)が摂れ
黄疸が落ち着いてきたら大丈夫…のような気がします。

ただ急変等も珍しくないようなので、回復しても
しばらくは注意深く見ていた方がいいと思います。

蘭もきちんと回復して退院しましたがすぐに再入院になりました。
入院中は点滴をしていたので退院して点滴が無くなったので
その為病状が悪化したのかな…と感じました。


愛猫ちゃんの回復報告待ってます!!!
愛猫ちゃんと一緒に頑張って下さいね。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。