9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラビ4歳になりました(*^^*)

最初に拍手レスです。

匿名さん

はじめまして。
肝リピドーシスで闘病中とのこと頑張って下さい!!!
蘭丸は肝臓の数値もとても高く測定不能で
黄疸もとても酷く正直助からないと思いました。
(入院してどんどん悪化していき、3匹の猫を
看取った経験として、蘭丸は助かるように
見えませんでした。そのくらい酷かったです。)

そんな蘭丸の経緯です↓↓ ※2011年8月9日の転載です。



<詳細>
 ・オス/8歳/体重6.5㎏、甲状腺機能亢進症の疑いが強く投薬中だった。

<病状>
 ・肝リピドーシス
 ・肝臓機能低下
 ・黄疸

<入院・通院期間>
 ・入院期間はトータル32日間、退院後の通院は20回
<蘭丸の治療内容>
 ・入院での点滴治療・投薬・療法食
 ・手術で胃ろうチューブ設置

<蘭丸のお薬>
 6/13~7/14迄はウルソプロヘパゾンの2種類のみです。
 ・バイトリル50<抗菌剤>
 ・フェロベリン<下痢止> ←蘭には効果薄
 ・ビオイムバスター<整腸剤・乳酸菌> ←フェロベリン代用
 ・ウルソ<胆のうの薬>
 ・プロへパゾン<肝臓のサプリ>
 ※プロヘパゾンはサプリメントですが肝臓の「薬」として十分な力を発揮してくれます。

<サプリメント>
 ・AHCCイ-イムノブロン- (動物用) カプセルタイプ(500粒) 26,250円
 このサプリを与え始めてから肝臓の数値がどんどん下がりました。
 療法食・お薬だけではなかなか正常値まではいかなかったけど
 サプリ使用してからは正常値になり、処方薬も止まりました。
 蘭丸血液検査一覧 ←6/25からAHCCを1日2回(計4粒)使用開始。

 ※AHCCはもともとは人間用サプリです。こちらに症例が沢山あります→AHCC
 猫の肝臓で調べるとこのAHCCで数値が下がったと言う感想を何度も見かけました。
 人間用のAHCCを使ってる方が殆どでしたが動物用を見つけたので購入しました。
 (人間用はAHCCイムノエース 120粒 定価12,600円くらい)



※まとめ※
 
 以下の組み合わせが蘭丸の肝臓を良くしてくれました
 【療法食-ヒルズl/d-】
 【処方薬-プロヘパゾン・ウルソ-】
 【サプリ-AHCCイムノブロン-】
 【胃ろうチューブ設置】

蘭丸はl/d以外の「肝疾患フード」を食べても数値がぐんと上がり再入院になりました。
でもl/dのみだけ与えてるとどんどん数値が下がりました。
(l/dはあまり嗜好性が無いようで蘭丸は嫌がって食べてくれませんでした。
水を足すと食べてくれるようになり、一旦食べはじめると気にしなくなりました)
AHCCもとても効果があり肝臓の数値が下がりました。


サプリ・お薬には個体差があると思います。
実際、蘭丸がこんなに肝臓の数値が悪くなり危険な容態になった理由は
甲状腺の治療薬が原因だと思っています(先生もそう思っているので
蘭丸にはこの治療薬は怖くて使えないって言ってます)
蘭丸はこの組み合わせがとても良かったので一つのケースとして参考にして下さい。



↑↑ここまで。




蘭丸は現在完全回復しています。
肝リピの予後はあまり良くないとあちこちで
目にしましたが、蘭丸は元気に走り回っています。

私がいろいろ調べて感じた事は
長期入院をしてる猫ちゃんは回復に向かった傾向が強かったです。
助からなかった…と言う子は通院のみの子が多かったです。
でも通院のみで助かった子もいました!!!
蘭は本当に先生達に甘えていたので(人間が大好きなので
回復してからは自宅のように寛いでいました)
入院もストレスにならずにすみましたが……
うちのビビやラビ、マスクも入院は出来ないかも…
猫で蘭丸の様に心から入院を苦に思わない子は
少ないと思うので…なんとか病院(通院)での
ストレスも少ないといいのですが……。



蘭丸はかなり体力も気力も危い時に胃ろうチューブの
手術をしました。このまま回復出来ないかも…と
思いましたが、蘭丸はチューブを取り付け
胃に水分を直接入れる事が出来た事が大きかったようで
それからぐんぐん回復していきました。

胃ろうチューブは私が思っていたより
蘭丸もすぐに慣れ、全く違和感なく過ごしていました。
チューブを取った後の体の回復も凄く早かったです。

もしまた肝リピになってしまったら
その日に胃ろうチューブ手術をして貰おうと
思ってる程、効果的だと感じました。
(胃ろうチューブは取り付けてすぐに
食事を流せるわけではなく数日かけて水、
食事…の流れになるので、体力があるうちに
すぐに!と思いました。)

それからAHCCは本当に効きました。
もちろん個体差はあると思いますが…
試してみる価値は絶対あると思っています。
うちは今も蘭丸とラビに与えています。
(量を減らして維持に使っています)


何かまたありましたらコメント下さい。
愛猫ちゃんの回復を信じてます。頑張って下さい!!





2012年11月8日 

ラビちゃん4歳になりました(*^^*)



おめでとう!!



全身はこんな感じ。
可愛いふわもこちゃんです♪♪


美猫だな~~~(*^^*)



相変わらず立派な腕してます(笑)



可愛いなぁ~!!



このクイっと曲げたお手手が可愛いっ!




ラビちゃん4歳おめでとう(*^^*)

ラビが1日1日生きてくれる事が
ノアとアルとイヴとそして私の希望の光です。
ラビちゃんありがとう。



そしてイヴちゃん、
11月8日、生まれてきてくれてありがとう。
イヴちゃんありがとう。



イヴちゃんおやすみ。
イヴ大好きだよ。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ

テーマ : 長毛にゃんこ♪ ☆もふもふな日々☆
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。