9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の慰霊祭。

秋の合同慰霊祭に行ってきました。


愛しのノア。



愛しのアル。




愛しのイヴ。





ノアが旅立って4年7ヶ月が、
アルが旅立って3年8ヶ月が、
イヴが旅立って2年11ヶ月が過ぎました。




悲しみは消えてくれません。
全然消えません。

あの日からずっとずっと私の心の中から
出ていってくれません。




せめてこの子達が寿命を全うしての
旅立ち立ったら……

私はここまで深い闇に落ちる事は無かった、と思います。



まだまだこれから…
まだまだ、全部これから……



幼くして亡くすのは本当に辛い。




貴子さんへ

FIP発症して旅立ってしまったとの事…
貴子さんの悲しみは痛い程わかります。
ノアは8ヶ月、アルは6ヶ月でした。
でもハル君はもっと小さい4ヶ月だったんですね…。
こんなにも沢山の子が、飼い主さんが、
FIPに勝てずに無念な思いをしている…
ノアが発症した時、きっと近い将来
「FIPは治る病気になる、特効薬が出来る」と
信じていましたが今も苦しんでる子がいて、
そして決して他人事ではないと思っています。

FIPを考えて暮らしていくのは本当に辛く
そして恐怖です。FIPの事は考えたくありません。
体も大きく元気一杯で性格も明るく天真爛漫の
アルが発症したのだから、どの子が発症しても
おかしくない病気だと思っています。

稀な病気だから「FIP」では無いと
一度は診断されました。
でもそんな稀な病気を知ってしまい、
そんな稀さでノアとアルを失ってしまい…
本当に恐ろしくて憎くてたまりません。


もうすぐ5年経ちますが
失った当時と同じ気持ちのままずっと
時間が経っています。



そして、違う病気でイヴを失ってしまい……


どんな病気でもどんな理由でも
愛しい子が死んでしまう事は
同じく辛く悲しいです。
FIPだけが特別に悲しいわけじゃない。


ただ、FIPはあまりにも
早すぎます。

あんなに元気だった子が日に日に
死に向かっていくのです。
それをわかっていて、助けてあげる事が出来ない…。

FIPの残酷さだと思います……。



もうすぐ5年が経ちますが
今も、ノア達の事を想うと辛くて辛くて
泣いてしまいます。写真も涙で滲んでしまいます。


無邪気な姿を想えば想う程
助けてあげられなかった無念さに
泣いてしまいます。



悲しみを癒すのは時間とそして今そばにいる愛猫達。
でも、失った悲しみが大きすぎて……

この悲しみが完全に無くなるには、
ノア、アル、イヴが「生きてそばに居てくれる事」だけ。

でもそれは叶わない事なので……



ノアとアルとイヴに
会いたくて会いたくて堪りません。

会いたいのに会えない辛さが
この先ずっと何年も何十年も続くのです。


死んだなんて思わずに
どこか違う世界に引っ越していった、
その引っ越し先で幸せに暮らしてる……って
思い込んでしまう方がきっとずっとラクな気がします…。


5年経とうとしてもこんな風な事を本気で考えるのですから、
貴子さんは今とても辛くて堪らないと思います。

どうか元気を出して下さいね…。
私も頑張ります。


コメントありがとうございました。




みゅうさんへ
はじめまして。
シャルトリューちゃんと暮らしてるのですね~。
まだ本物は見た事がありません。
(以前、動物病院の先生が飼いたい!
と言ってたのを思い出しました^^)
ラビの事、うちの子達の事気に入って貰えて
嬉しいです(*^^*)
また更新して行くので遊びに来て下さいね。

コメントありがとうございました。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ


テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。