9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな元気です。

みんな元気です。



実は蘭丸1月からエリカラ生活です。
もう慣れっこなのでエリカラしてても表情が明るい!

これは「蘭た~ん」と名前を呼んだ時の一枚です♪

「ニャーン」

目をぱっちりしてお返事する時は
抱っこして欲しい時や遊んで欲しい時。

目をうっとりさせてお返事する時は
遊びもお腹も満足してて、尚且つ構って貰え至福な時。


蘭たんはとってもわかりやすい。



エリカラの理由はコレ↓



ちょっとわかりにくいけど…舐めてお腹の半分の毛がはげ
皮膚が赤くちょこっとただれてしまいました。

蘭はハゲやすいのか、ちょこちょこ舐めては
あちこちハゲるのですが、今回は範囲が大きく
ちょっと酷いので落ち着くまでエリカラ生活です。

昔からなので特に病気じゃないようだし、
あれこれ可能性で薬使うのも、蘭は肝臓に響きそうで怖い。
なので自然治癒です。


蘭はとにかく構って欲しい子なので
い~~~~っつもこんな風に↓私を見続けます。

パソコンに向かってる時もマウスの横に蘭が座り
こんな風にず~~~~っと眺めてくる。
我慢できなくなったら「ニャーン」と鳴いてアピール。
その感ずっとゴロゴロ喉を鳴らしてます。



蘭たん!と声をかけると
「ニャーン」と。絶対お返事してくれる。
何度しつこく呼んでもお返事してくれ、ゴロゴロ音はMAXに(笑)



でもあんまりしつこいとお返事は「ン」だけになる。
それでもきちんとお返事してくれる(笑)




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ


拍手レス

yumeさんへ

お返事と更新遅くなってごめんなさい。
私は優しくないですよ。
ただただこの子達が可愛いだけです。
可愛くて可愛くて、可愛すぎて困ります(笑)
次回からまたみんなの元気な姿を更新していきますね。
いつも見守って下さりありがとうございます。

TERUさんへ

そうですね…何度か「頑張ろう!」
「前向きに行こう!」と本気で意気込むのですが
やっぱり悲しみは襲ってくるのでその度に
闇に引きずられる感じでしょうか…
ただ、もう悲しみは消えてなくなる事は無いので
あとはその気持ちと共存していくだけです。
死んだ子と生き続ける事の辛さだと思います。
死を受け入れ、ふっきれ、完全に過去として
受け入れたらまた違った感情だったと思います。
「いつまでも悲しんではいけない」と言うのは
死んだ子と自分、どちらの為でもあると
頭ではわかってるのですが…どうしても…ですね。
…ちょっとまだ気持ちは上がってきませんが
またゆっくり更新して行こうと思います。
コメントありがとうございます。

.可憐火さんへ

動物が大好きなのに一緒に暮らせないのは
本当に辛いとは思いますが…そんな中、
うちの子達を見て癒しを感じて貰え
本当にブログをやっていてよかったと想います。
私の心配をして下さり本当にありがとうございます。
私は大丈夫です。一番辛い想いをしたのは
幼くして病気と闘ったノアとアルとイヴだと
わかっているので、この子達の感じた苦しみや痛み
悲しみや辛さに比べると私の心なんて…といつも
思っています。だからこそ、前を向かねば…と
想うのですが、どうしても心がついていかない時が
あり、そしてそれがここ暫くはとても大きかったと思います。
天国へ旅立ったからといって、
あの子達の存在が消えてなくなる事は無いので
愛情は生きてる時と同じ、ずっとずっと可愛くて堪らない
大事な子です。とても暖かいコメントありがとうございます。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。