9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交通事故

今日、とてもショックな事がおきました。

(うちの子ではありません)


家の前でワンちゃんが交通事故に遭い、
死んでしまいました……。

私は目撃してないのですが、音が聞こえ…
うちの駐車場に逃げ息絶えたとの事で
目撃した男の子2人とおばあさんが
知らせてくれました。


男の子の話によると、
車にはねられ1分位で動かなくなった…との事でした。

駐車場にうずくまるワンちゃんは、
まだ半年程の子犬でした…。

大きな外傷は無かったけど口から
沢山血を吐いていました。


触って確かめましたが、やはり死んでました…。
コロコロのまんまるな首には首輪がついていて、
ワンちゃんもとてもモコモコフワフワと綺麗でした。

今日はずっと雨が降っていからこんなに綺麗と言う事は…
脱走して間もないかも…飼い主さんが探してるかも…。


近所の犬飼いさんがあちこち連絡して探してくれました。
そして1時間もしないうちにワンちゃんのお家がわかりました。

うちから5分もかからないところのわんちゃんでした。
お家の方は留守で近所の方達とそのお家へ行くと…
玄関の横にリードが…、ついたてに絡まって短くなって
外れたみたいな形跡になってました…。
ワンちゃんのマットには小さな肉球のあと。
残されたドックフード。


コロコロしたとってもかわいい子犬。
元気な姿が簡単に想像できました。
これからいっぱい楽しい未来があったのに…。
たった一度の悲しい偶然で、あっと言う間に
息絶えてしまった…。まだまだこれからだったのに…と
子犬の無念さを想うと辛いです…。

脱走は怖い。
交通事故は他人事じゃない。

犬よりも猫の方が事故に遭いやすいので
猫飼いは命を懸けて脱走を阻止しなきゃいけない。

うちの子達が脱走しても無事だった事は
本当に運が良かっただけ…家の前で事故が起きる。


最期に、あの子犬を看取ったのが
あの優しい男の子たちでよかった。
私に知らせてくれてよかった。
とてもとても悲しい出来事だけど、
子犬の死を悲しむ人間が最期に立ち会えた事、
少しは子犬の慰めになって欲しい。


タオルで包んで抱き上げた子犬の温かさ、
幼さ、一瞬で終わった命…、
あの小さな子におきた悲しい事故。
幼い子の死はどうしても他人事には思えず…
幼い子が息絶える姿は本当に辛すぎます…。

今はただショックが大きいです。


最後にわかった事が、
昨日飼いはじめたばかり、との事でした…。



脱走さえできなければ死ななかった…。
私達は命がけで脱走を防止しなきゃいけないと
強く思います。


子犬のご冥福をお祈り致します。
どうか痛み苦しみの無い世界にいってね…。
人間が痛く怖い想いをさせてしまってごめんね…。
たすけてあげられなくてごめんね…。


ご冥福をお祈りいたします。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。