9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アル-命日3年目-

2012年2月10日、アルの命日です。
私の可愛いアルが天国へ旅立って3年が経ちました。



とってもとっても可愛い、ぬいぐるみみたいなアル。



ノアは子猫の時から大人しく落ち着いた雰囲気だったけど
アルはとっても元気なヤンチャな子猫。


アルの愛らしい元気いっぱいの姿に沢山幸せを貰いました。



あーちゃん、可愛くて可愛くて堪りません。
ノルウェージャンとしての美しさも素晴らしいし、
何より、心を開いてくれているその内面がとても可愛くてたまらない。
アルの内面の可愛さが、表情や外見に滲み出ていました。




こうやって、アルの顔をじっくり見ていると…
もう生きていないのが不思議で堪りません。

アルがもういないと言う事が信じられません。
3年経っても信じられません。

今でも、死んだ事が嘘にならないか…
アルがいない現実が夢じゃないか…

考えてもどうしようも無い事を考えて泣く事があります。



あーちゃん、とっても良い子だったね。
とってもとっても可愛い子だったね。


と、笑って話せる時はまだずっと先だと思います。



アルを想えば、会いたい、会いたい、あいたい、あいたい、
生き返って欲しい、死んだなんて嘘であってほしい、
アルが死んだなんて…嘘であって欲しい…アルに会いたい。

本当は泣き言しか出ません。



こんなに可愛いく優しく無垢で暖かいアルが
どうしてあんな苦しい病気にならなくちゃいけないの?
アルが何をしたって言うの?アルをどうして苦しめるの?
アルはどうして死ぬ運命だったの?
どうしてアルだったの?
どうして…。


アルの無念さを考えると胸がはりさけそうに痛い。
アルに、病気にならない元気な体をあげたかった。

辛くて堪らない。


3歳になったアルに会いたい。







前向きになろう、と頑張った時期もありましたが
私には無理でした。愛しい子を失ったのだから
どんなに頑張っても悲しい気持ちは消えません。
亡くなった子の為に…と頑張ろうとしても、
「もう大丈夫」と嘘を付くだけになります。

今を生きてる子達の為に泣いて沈む事はありません。
泣くのは一人の時だけです。
だからもうこれでいいのです。



あーちゃん、今もずっと変わらず愛してるよ。
ずっとずっと可愛い私の子だよ。

アル、おやすみ。

noaharu3 blog

以前描いて貰ったアルとノアのイラスト。
前方できょとんとしてるのがノア。
後ろでヤンチャにあーんとしてるのがアル。

天国でこんな風に遊んでるのかな?



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ


yumeさんへ
猫の一生は長いようで本当に短いですね。
ただでさえ短いのに、どうしてこんなに早く…と
思います。若くして亡くなるのは本当に辛いですね。
猫は愛情を注げば注ぐ程、それ以上に愛情を
返してくれるので、yumeさんが愛してる分だけ
猫ちゃんも同じ思いだと思いますよ。
だから勿論yumeさんとずっと一緒にいたいって
思ってると思います。うちの子達を見てると
本当に私の事が大好きで堪らないんだな~って
伝わってきます。私が心から大事にしてるのが
この子達にもきちんと伝わってるってわかります。

ラビは本当に回復してずっと元気です。
高熱だったので本当に心配しましたが、
とにかく来年のワクチンは考えます。
いつも見守って下さり本当にありがとうございます!!


TERUさんへ
TERUさん大変な時にコメントして下さりすみません!
ルーシー君大変でしたね。突然右目が濁るなんて!!!
そんな症状になった事が無いので、焦りますよね。
わかります。私もイヴの瞳に眼振を見つけた時には
すぐに目の異常=ブドウ膜炎=FIP!?
とパニックになりました。とにかくちょっとした
事が大きな不安になりますよね…お気持ち凄くわかります。
眼科専門の先生に診て貰えるまで心配ですが、
とにかく何事も無い事を祈ります。早く良くなりますように。
ワクチンはやはり「脱走」の事があって、続けています。
ただ今までは3種で、今回は「今だけ同じ金額なので
5種にしましょうね~」とあっさり言われて(すでに用意されていて)
考える間が無いまましてしまいました。
本当になんて無知で浅はかだったんだと後悔の嵐です。
正直、高熱が出てご飯を食べない姿を見ていると
このままFIPを発症してしまうんじゃないだろうか、
もしかしたらもうFIPを発症してるんじゃ…と本当に怖かったです。
私の考えで行くと、FIPになる子はなる、ならない子はどんなに過酷な
環境でも、どんなにストレスを感じていてもならないと思っています。
それはやっぱり、不自由・ストレスの無い生活と、元気な体と
明るい性格のノアとアルが発症してしまった事、
そして何かと病気をする、スズにいじめられて毎日怒ってる蘭丸が
発症しない事、が「発症する子、しない子は最初から決まってる」と
思わずにはいられません。ストレスで…を信じると、
猫カフェの子達、ペットショップの子達は
みんな発症しなきゃおかしいと思うのです。
猫の性質・性格を考えるとああいう環境が良いとは思えません。
うちの子達をああいう環境におけるかと聞かれたら
私は絶対に嫌だと答えます。
また猫科の野生動物もFIPを発症するので、過酷な環境の
トラやライオンはFIPを発症して絶滅するのでは?
単純な考えですがそう思ってしまいます。
だからこそ、発症しやすいしにくいはその子の体質によって
決まっていると思います。
FIPを知ってしまうと、その怖さを忘れる事は本当に難しく
こうやって何かある度に頭に過ります。
でも私は普段はFIPに怯える事はありません。
どんな病気でも嫌です。
どんな病気でも、事故でも、怪我でも
「この子達の身におきないか…」と不安はつきませんが
悲しむのは最期のその時にすると決めました。
亡くなった後はずっとずっと悲しいのだから、
生きている間は未来を心配して不安になったり悲しんだり
しないように決めました。蘭丸の入院中も、危篤状態は
とても辛く泣いてしまいましたが、
この想いのおかげで心を強く持てました。
でもそれでもやっぱり何かあるとパニックになり
心配しまくってしまいます。
まぁ、大事な子の事だから当たり前ですよね(^^;
長くなりましたが、とにかくルーシー君が
何ともありませんように!!早く治りますように!!


白神さんへ
心配して下さり本当にありがとうございます!!
高熱で1日中ぐったりして食欲が無かったので
本当に心配しましたが、翌朝早朝にすでに起きて
ご飯の場所でスタンバイしてるラビを見て
本当に安心しました(*^^*)
ラビの事見守って下さり本当にありがとうございます!!

テーマ : 長毛にゃんこ♪ ☆もふもふな日々☆
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。