9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術前検査結果。

歯周病の治療の為、麻酔に耐えられるか
半日預けての心臓検査をお願いしました。

結果、

僧帽弁閉鎖不全症(僧帽弁逆流・心臓弁膜症)
レベル6段階で「1」と診断されました。

初期段階です。
(※歯の治療は可能との事です。)



モモは去年、一気に老いた感じだったので
もしかしたら病気が見つかるかも…と思っていましたが
心臓以外は何も問題ありませんでした。

心臓も初期段階でお薬のお話もありませんでした。
(薬については次回確認したいと思います)

ネットで調べると某犬種は老犬になると
100%この病気になる、との事でした。
猫種・犬種によってかかりやすい病気が
あるのは知っていますが100%って…!!

この100%の犬種のサイトで
モモと同じ1段階の子がいました。
その子は「もしこの犬種じゃなければ
この段階ならお薬は出さない。」レベルとの事で
先生もお薬をどうするか迷っている…とありました。

なのでモモにお薬が出なかったのも納得です。



毛並もキレイだし、表情も明るく若々しい。
でも13歳は立派なシニア犬。

心臓が悪いからか、年齢のせいか、
お散歩もきついみたいで、数分歩くと
「もう、帰る」みたいな表情になる。
無理をさせると帰りが大変だから方向転換すると
嬉しそうに家に帰る。


家に戻ると5分もしないうちに…



「はふぅ~……疲れたわン……」 と、ダラ~っと休憩。



病院へ行くと老犬を連れた飼い主さんをよく見かけます。
本当にヨロヨロとしか歩けなかったり、中には
寝たきりの子もいます。(待合室でも寝せてます)

「家の中では本当に大人しいけど、
外に出すと生き返ったように元気になるのよ~」と
ある飼い主さん。

わかります!わかります!
モモも外ではあんなにイキイキとしたキラキラの笑顔!

散歩がきつくても少し外に出すだけでも
全然違うみたいです。

今は犬のカートもありますし
そういうのがあればお散歩もラクに出来ますね。
行きは歩いて、帰りは乗って♪

でもその前に買わなくちゃいけないのは
スロープ!車の乗り降りに必要だと感じました。



***********


モモについては漠然と18歳を目標にしていたので
13歳はまだまだ!!と思ってます。

でも13歳も老犬。
私は老犬には無理な治療は望んでいません。

死に物狂いで病気を治して、その先に
元気に走れる体があるのなら、
美味しく食べれる気持ちがあるのなら、
頑張って!と言えますが…
頑張らせた先に寝たきりの余生しか無いのなら
無理な治療は望みません。

老衰で自然に寝たきりになるのであれば
力いっぱいサポートをします。

治る病気なら頑張らせる、
治らない病気なら頑張らせない。

この考えがあるので、老犬の治療についても
そういう意味合いが含まれています。

だからモモの心臓についても、
無理な治療は望んでいません。

お薬と食事と安静と…あとはサプリくらい?
(と言っても心臓病はこの位の治療法が
一般的だと思います)

それでゆっくりと老後を過ごせたら…と
思っています。この位の事は私にとっては
看護でも闘病でも無いと思ってます。

病気と言うのは頭にいれておいて、
「無理をさせない、様子をよく見る」
そういう基本的な事は忘れずに…
でも「病気だ!」と言う気持ちは持たずに、
お薬も「投薬・治療」だと思わずに、
フードの1粒感覚でやっていきたいです。


心臓は突然死も有り得るので不安は無いとは
言えませんが、でもFIPの時のような
恐怖感はありません。FIPは一日一日が
死への恐怖との戦いでした。
毎日、毎日、忍び寄る死に怯えて過ごすのだから
冷静な考えが出来ず感情的になり…
飼い主の精神を蝕む病気だと思います。

泣くのも悲しむのも最期でいい。
死んだらいつまで経っても悲しいし泣き続ける。
生きてる間に悲しむなんて本当に時間が勿体ない。
泣いてる時間があるなら笑って接したい。
笑って楽しんで残された時間を大切にしたい。

そう考える事が出来ますが…
でもまたFIPが襲ってきたら、その時もまたきっと
日々死への絶望に蝕まれると思います。



…FIPの事を綴ると本当に暗くなるのでもうやめます。


*************

室内では一日中寝て過ごすモモ。

一昨年くらいから呼んでも反応薄く
無反応・無関心みたいになってきてます。


が!!
ここ最近、猫達への反応が凄いんです!

廊下でモモがドタバタ元気に飛び跳ねてるな~と
思ったら、マスクとジャレあってました!!

階段に座ったマスクがモモの頭にちょいちょい
猫パンチを繰り出し、モモが尻尾を振って
飛び跳ねて応戦してるんです!

そしてそんなモモをま~~~ったく気にせず
足元を素通りする蘭たんに気付き、
蘭たんの耳を軽くパクっと甘噛み。

蘭たんはま~~~ったく嫌がらずスタスタと。

今度はスズがモモの横を通ると、
モモが尻尾を振ってジャンプしながら
追いかけてました。

なんだかめちゃくちゃ楽しそう!!!


モモが何にもしないのをわかってるから
うちの蘭たん達は一切怖がらないし
怖がらないどころがモモがご飯を食べていても
平気で押しのけて食べようとします。
当たり前のようにモモは席を譲ります(^^;
勿論、犬用なので食べさせませんが。

モモは性格が優しいと言うのもあるけれど
犬や猫が大好きです。
(人間は嫌い・苦手ですが^^;)

なので蘭たん達の事も大好き!
ヤンチャなマスクとは良い遊び仲間のようです。


家の中では猫達の存在が良い刺激になってるようです。



そんなわけで、モモちゃん。
ゆっくりと頑張って貰おうと思います。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ


TERUさんへ

>わんちゃんのギネス登録 最高年齢は25歳だそうです♪
>去年は20歳が最高齢だったそうですね。
>でも、ギネス登録ではないけれど、29歳が最高齢!!!

凄いですね~~~!!!!!!!
13歳なんてヒヨッコですね(*^^*)ノ
猫で調べたらギネス登録無しの36歳(38歳?)
凄いですね~~!!
モモは出来れば麻酔して迄治療はしたくないと
思っているのですが…でもこのままにしとくと
痛がってご飯が食べれなくなるので仕方無く…。
すでに痛がり缶詰もイヤイヤ食べてます。
(数口で食べるのをやめ歯を噛みあわせ
何度も気にして、我慢して食べ始めます)
術前検査で詳しく調べて貰ったので
大丈夫とは思いますが…(><)
不安は不安です(--;)

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。