9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲違いから6年半

蘭丸と鈴丸は最初の相性がとっても良かったので、
どうやら私記憶違いをしていたようです…。



こんなにすぐに仲良くなってくれ最初は本当に親が子を面倒見るようにベッタリでした。




このベッタリの記憶があまりに強く…日記を読み返してみると…
どうやらスズがうちの子になって仲良く出来た期間はたったの20日間でした。

20日経つ頃、蘭丸がスズを威嚇しだし…どうやら私が留守の間に大きなケンカをしたようで
そこから蘭丸の「スズ嫌い」がはじまり、構って欲しいスズはだんだんと相手をして貰えない
苛立ちを蘭丸へぶつけるようになっていき…今に至ります。


基本的に毛繕いしあったりのような仲の良さはありません。
距離が縮まるとすぐに喧嘩になるので。

ただ、通常はある程度の距離があればケンカにならず同室でもまったりと過ごせます。
同じベッドで寝る事も出来ます。

が、年に1~2度、手のつけられない大喧嘩をし、その後数ヶ月喧嘩は続きます。
徐々に喧嘩が薄まり唸りあいの無い日々もありますが、基本一日に1回は寝床の奪い合いで喧嘩。



よ~~~~~~く考えると、
スズがうちの子になって20日経った頃から、長い事6年半も仲違いしたままです。

これって…「相性悪い」と言うものじゃないでしょうか…。
6年半経って気付くなんて…。




ただ、年に1~2度凄く仲良くしてる時もあるんです。

2006年の夏。

猫ベッドで密着。

蘭18

…が、すぐにこーなる。

蘭20

本当にどうしようもないくらい相性が悪いとこういうひとときは絶対無いと思うので
あまり深く考えていなかったのですが…。



2007年1月。



これまた奇跡の1枚。
蘭たんはちょーーっとイヤがってますが…^^;



2007年夏。



こういう飼い主がわけのわかんない事をはじめるとビビりなスズはちょっと逃げ腰。
こんな時だけ「にいちゃん頑張れ!」とばかりに蘭丸の後に続く。

ご飯も一緒に食べれる。



スズがご飯に夢中なので蘭に意識がいかない為成り立つ。





毎度のことながら飼い主が用意した新しいものには蘭丸が先に試し
ちゅったんは近くで様子を伺う。



蘭が安全を確認して落ち着いた頃に…ちゅったんが場所を奪いにくる。



2008年11月



まったり窓越しにパトロール。
少しあいたスズの後ろにちょこんと座る。
蘭は決して場所を奪わない。ちょっと相席させて貰うタイプ。



2009年9月



蘭たんがリラックス中、お構いなしに上に座る。
怒ってもいいハズなのにガマンする蘭たん。


2011年1月。



ビビも一緒だとこういう距離も平気。





こうやって見ると言う程相性悪くないように見えますが…
こんな風に寄り添う姿は5年間で数える程度なんです。
(珍しいので発見次第すぐに写真を撮ります!)

むしろ5年間で2ショ写真がこの位しか無い…。




基本は私は過保護と言うかベッタベタの甘やかしですが、
猫同士の関係は猫の好きにさせています。(喧嘩が酷い時は仲裁に入ります)
でもそれが良かったのでしょうね。
心配しすぎて隔離とかしていたらああいうひとときも無かったと思います。



ちゅったんが満腹だったり、ウトウト眠かったりしてる時は
全然喧嘩にならないうえに真横で寄り添って眠ったり出来るので、
これから年齢で落ち着いてくるともっと良い関係になれると思います。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ


テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。