9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヴのこと-眼振-

今回の更新内容はイヴの事についてです。
イヴの記録として残しておきたいと思いました。



イヴが突然旅立ってから2年…。

あまりに突然過ぎ長い間どうしてもどうしても、
イヴの死を受け入れられずにいました。
自分の感情なのにコントロールできません。


でも2年が経ったので、今まで書かなかった
イヴの事やイヴの最期を…
これから暫くイヴの事を綴っていこうと思います。
(出来るだけ冷静に綴っていこうとは思っています。)





今まで言ってなかったけど、
イヴには「眼球振盪 (眼振)」と言う症状がありました。

イヴが我が家に来て10日くらい経った頃…、
イヴのきれいな薄い水色の瞳を眺めていると、
プルプルユラユラと瞳が小刻みに揺れていました。

その揺れは止まる事無くいつもずっと揺れてました。
ふとした瞬間2~3秒止まり落ち着く、
でもまた揺れる…の繰り返しでした。
イヴの瞼が開いてる間中、眼振はずっと続いていました。

眼振用にとレメディを調合して貰いましたが
効果があまり見られず、…私に出来る事と言えば
イヴの瞳に手をかざしイヴの瞳を閉じさせリラックスさせる事。


イヴは私の顔をいつも覗き込んできて、
じ~~~っと見つめてくれる子。



可愛いイヴとずっと見つめあっていたいけど
綺麗な水色の瞳が揺れるのを見るのが怖い…。


瞳が揺れると言うことは視界が揺れるだろうから
きっとすごく疲れるだろう…
どうしてもイヴの眼振が気になってしまい、
何度も手をかざしました。



イヴはとっても甘えたさんで
自分から抱っこを催促してくる子だから
私に抱っこされて、顔を撫でられると
とても気持ち良さそうで幸せそうな顔をしていました。

「イヴちゃん、疲れるから目閉じようね。」

イヴが寝てる時は物音立てない。
寝てる時はきっと眼振は気にならないだろうから…。
きっと、楽だろうから…。



そ~っと、
そ~~~っと。



ネットで眼振でも何年も生きてる子がいる事を知り、
命にかかわる事では無いと思うようになっても…、


嫌だな、
なんで大事なイヴの瞳が揺れるんだろう。
なんでイヴがこんな思いしなきゃいけないんだろう。
嫌だ。嫌だ。可哀相。辛そう。可哀相。

瞳の揺れを見つけた瞬間のショックと
眼振が憎くて堪らない気持ちはずっと消えませんでした。


ただ、
イヴちゃん自身は気にならないのか…
揺れる視界が当たり前過ぎて違和感を感じないのか、
全く気にする事なく生活していました。

イヴの見る世界を私は体験する事が出来ないので
実際にどうだったかはわかりませんが…。



でも出来る事なら、揺れない普通の瞳がいい。
イヴの瞳の揺れを止めてあげたい…。疲れさせたくない。

私が顔を覗き込むと一瞬だけ揺れが大きくなる。
イヴの瞳の反応、今も忘れていません。

眼振は本当に見ていて辛いものがありました。
ずっとずっと小刻みに揺れている、どうしてやる事も出来ず
でもこれから長い先どうにか改善法を探してあげたい。

その時はイヴが1歳で亡くなってしまうなんて知らないから、
「これから眼振と向き合っていこう。」そう決めました。



眼振への不安や心配な気持ちは
イヴが亡くなるまでずっとずっと心にあり続けました。
そしてその眼振は、イヴが旅立つまでずっと続いていました。




それから暫くして…
次の心配事が私の背後に迫ってきていました。







…次回へ続きます。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ


テーマ : 長毛にゃんこ♪ ☆もふもふな日々☆
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。