9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【肝疾患】-お薬とサプリについて-

【 蘭丸の闘病記録 】



<詳細>
 ・オス/8歳/体重6.5㎏、甲状腺機能亢進症の疑いが強く投薬中だった。

<病状>
 ・肝リピドーシス
 ・肝臓機能低下
 ・黄疸

<入院・通院期間>
 ・入院期間はトータル32日間です。通院は15回(現在続いてます)

<蘭丸の治療内容>
 ・入院での点滴治療・投薬・療法食・胃ろうチューブ設置

<蘭丸のお薬>
 6/13~7/14迄はウルソとプロヘパゾンの2種類のみです。
 ・バイトリル50<抗菌剤>
 ・フェロベリン<下痢止> ←蘭には効果薄
 ・ビオイムバスター<整腸剤・乳酸菌> ←フェロベリン代用
 ・ウルソ<胆のうの薬>
 ・プロへパゾン<肝臓のサプリ>
 ※プロヘパゾンはサプリメントですが肝臓の「薬」として十分な力を発揮してくれます。

<サプリメント>
 ・AHCCイ-イムノブロン- (動物用) カプセルタイプ(500粒) 26,250円

 このサプリを与え始めてから肝臓の数値がどんどん下がりました。
 療法食・お薬だけではなかなか正常値まではいかなかったけど
 サプリ使用してからは正常値になり、処方薬も止まりました。
 蘭丸血液検査一覧 ←6/25からAHCCを1日2回(計4粒)使用開始。

 ※AHCCはもともとは人間用サプリです。こちらに症例が沢山あります→AHCC
 猫の肝臓で調べるとこのAHCCで数値が下がったと言う感想を何度も見かけました。
 人間用のAHCCを使ってる方が殆どでしたが動物用を見つけたので購入しました。
 (人間用はAHCCイムノエース 120粒 定価12,600円くらい)



※まとめ※
 
 以下の組み合わせが蘭丸の肝臓を良くしてくれました
 【療法食-ヒルズl/d-】
 【処方薬-プロヘパゾン・ウルソ-】
 【サプリ-AHCCイムノブロン-】

 【胃ろうチューブ設置】

蘭丸はl/d以外の「肝疾患フード」を食べても数値がぐんと上がり再入院になりました。
でもl/dのみだけ与えてるとどんどん数値が下がりました。
(l/dはあまり嗜好性が無いようで蘭丸は嫌がって食べてくれませんでした。
水を足すと食べてくれるようになり、一旦食べはじめると気にしなくなりました)
AHCCもとても効果があり肝臓の数値が下がりました。


サプリ・お薬には個体差があると思います。
実際、蘭丸がこんなに肝臓の数値が悪くなり危険な容態になった理由は
甲状腺の治療薬が原因だと思っています(先生もそう思っているので
蘭丸にはこの治療薬は怖くて使えないって言ってます)
蘭丸はこの組み合わせがとても良かったので一つのケースとして参考にして下さい。




7/14にお薬ストップしてからは、処方食(l/d)とAHCC(1日4粒)のみ続けてます。
蘭丸の様子はとても良好で元気です(*^^*)

相変わらずスズに追いかけられる日々を送ってますが…
元気になった蘭たんは運動神経がよく俊敏なので上手に逃げてます。

昨日なんて1階で突然スズのスイッチが入り、猛スピードで蘭丸を追いかけ…
私も止める為に走ってついていったんですが…2階に行くと、スズが部屋の真ん中で
きょろきょろしてる。私も一緒に「あれ??蘭たんは…?どこにもいない…」と
おかしいな~…と下に戻ると、なんと蘭たん下の部屋にいました!!!
階段のほうに向かっていったように見えたのに、逆方向にいました!
蘭たんすばしっこすぎて凄いよーー!スズだけじゃなく私も騙されてしまいました;

それにしても…蘭たんの行動の何がスズの逆鱗に触れるのでしょうか…??


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ


拍手レス
(無記名様)
TERUさんでしょうか?違ったらすみません~~(><;
スズは本当に無防備です(笑)そしていびき猫です…。
スピースピーなら可愛いのですが、本当に人間みたいに
グーグー、ンゴッ!って感じなので最初は天井裏に人でもいるの??と
きょろきょろしてしまった程です(--;焦りました…;
マスクの甘えた写真…なかなか難しいです(笑)
マスクはまだまだ警戒心が強いので、寝てる時とかそっと触ると
「やっべー!怖ぇ~~!!」とダッシュで逃げていくんですよー(^^;
でも自分からスリスリしてきたりおもちゃを持ってきて遊んで貰うのはOKみたいです。
マスクの中で線引きがあるんでしょうね~…不思議です。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。