9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝リピドーシス♯32 蘭丸怪我

蘭たんに怪我をさせてしまいました……。


いつまでも隔離生活は出来ないので蘭丸と顔合わせをしたのですが…
スズが見たこともないくらい激怒して蘭丸に攻撃しました。

止めに入ったのですが、間に合わず
スズの爪が蘭たんの腕に刺さり、

蘭は絶叫し、
スズはその声に絶叫し、

しかもスズの爪は深く刺さったようで抜けず、
蘭丸もスズも腕をブンブン振って、やっと抜けました。


攻撃はこの一撃だけで、蘭丸が逃げたのでスズを捕まえ
とにかくなだめようと抱っこしたのですが…スズの興奮がおさまらなかったので
とりあえず蘭丸を部屋から出そうと蘭たんを見ると、

蘭丸の腕が3倍程、握りこぶし位に腫れあがり
腕に輸血の管がついてるみたいに見えるくらい血が一本筋に流れてました。
ポタッ…の血なら見た事あるけど溢れるように流れる血は初めて見るし
一瞬でぼっこり腫れた腕にも驚き、思いっきりパニックになってしまいました…。

蘭が座ってるところには握りこぶし大の血だまりが出来、
キャットタワー・家具・カーテン・壁・床・ベッド・窓には
血飛沫が飛んでいて、あまりの事に本当に怖くなり焦りました。

どうしようどうしようどうしよう!!!!
とパニックになりながら走ってタオルを取り蘭の腕に巻き止血しました。

採血の時、いつも2分間押さえ止血をしてくれるので
同じようにとにかくきつく押さえました。

こんなに血が流れ出ると言う事は切ってはいけない血管を切ってしまった…
血が止まらないかも…どうしよう…蘭たん出血死、ショック死するかもと
本当にパニックになりながら病院に電話をすると…

「本日の診察は終わりました」とのアナウンス。

今日は午前中までだった!!どうしよう!!!
と焦りながらタオルを巻いた腕を握ってると携帯が鳴り、病院からでした。

焦っていたので興奮気味に説明してしまいましたが…
「今から連れてきて貰っていいですよ」と言って貰えお言葉に甘え、
急いで蘭丸を連れていきました。

血は止まり、腫れもおさまってきましたが
タオルを取ると怪我したあたりの肌がどす黒くなっていて
そして出血のショックからか蘭たんが元気がない。
ケージの中でじっとしてる。
呼んでも返事も無いし、表情も暗い。
これって意識がもうろうとしてるのかな…やばいのかな…。


病院に着くと患部を綺麗にしてもらい、怪我した部分が見えました。
爪が深く刺さっただけなので傷口はとても小さかったけど
「太い血管を傷付けてしまったんでしょうね」と
「上手に止血出来てますのでもう大丈夫です」と
消毒して、お薬を塗って貰い、止血剤と抗生剤の注射を打ってくれました。
病院では血も止まり、腫れもひいて、尚且つ怪我が小さいので
大袈裟だな~…と思われたかも…?でも本当に凄かったんですよ~(泣)
人間と違って小さいから出血量もどのくらいでヤバいかとか
わからないので(あとで調べなきゃ!)本当に焦りました!



家に戻ると…ショックからかやっぱり元気の無い蘭たん…。
蘭たんごめんね、ごめんね…ごめんね…と謝りながらナデナデしていると
別室のスズの声が「ニャーン」と聞こえた瞬間、蘭丸がビクッ!!と
振り返りました。その後は物音がする度にビクビク振り返り、
神経が鋭くなってる感じでした。

蘭たん…本当にごめんね…。



ただ、回復力は本当に凄くあんなにどす黒くなってた皮膚は
翌朝赤紫になり、翌々日にはピンクのいつもの肌になっていました。
爪跡の穴もきれいに塞がっています。本当に治るのが早い!!
精神も落ち着いてきたみたいで不安な感じも無くなり今は普通にしています。


月曜日は肝臓の検査日だったのですが、
ああいう怪我もあったし、精神的なストレスも大きく、しかも止血剤と抗生剤の
注射(薬)を入れてるので肝臓の数値がぐんと上がってると思ったんです。
前回も上がっていたので余計に…。


でも嬉しい事に肝臓の数値は下がって落ち着いてました!!!
これは本当に嬉しいです!!よかった~~~!!!

先生も「今後これ以上下がらないなら、
ここら辺が下がり止め(?)かもなので肝臓のお薬やめてみましょうか」と。


蘭丸は食欲も元気もあります。
怪我も治り、今は消毒も必要ありません(*^^*)
精神も落ち着いてます。


本当に蘭たんに申し訳無い事しました…。
病院にも本当にまたもご迷惑をかけてしまいました…。

スズにも本当に悪い事したな…と会わせた事を後悔しました。
凄く興奮していたので暫くは気が足ってるかも、と思ってたら…
ちゅったん、な~~~~んにも無かったかのように
ゴロゴロウニャウニャ、スリスリゴ~ロゴロ(笑)
ほんと、ちゅったんらしいや…。



新人のマスクでさえ、蘭たんの事忘れてないんだから
長年一緒にいるちゅったんは出来れば忘れないで欲しいよ……。




今日は報告のみです。
拍手のお返事は次回お願いします。(遅くなってごめんなさい!!)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ


テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。