9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝リピドーシス♯22 再入院5日目

はなと小太郎のママさん、TERUさん、神崎愛香さん、白神さん
コメントありがとうございます。個別にお返事出来なくてごめんなさい。
蘭丸の事、心配して応援して下さり本当にありがとうございます。
蘭丸、頑張ってます。本当にありがとうございます。

退院後、5月1日の蘭丸。


とっても安心して、ぽやんと心地良さそうなお顔。
可愛い可愛い蘭たん。



…ン??
(オモチャに気付いた蘭たん)


ジーーーーッッ




ゴロンッッ!!



…ってい!!



お顔隠して一撃でしとめた(つもりの可愛い蘭たん!)


私が一時も目を離さない時だけエリザベスカラーをはずしました。
でも毛繕いをしたがるのですぐに付ける。たった1分程度の取り外し。







今日は休診日なので面会無しの日です。
実は昨日、熱があって蘭丸は元気がありませんでした。
先生も今日は食べも悪いし元気も無いとの事で……
ICUの扉をあけてくれました。

蘭たんは眠ってて、扉が開いた瞬間びっくりして起きました。
あれ?あれれ?飼い主なの??あれれ??…って可愛い驚き顔をしました。
でも「蘭たん、らんまるっ、蘭たん…」声をかけてもお返事してくれない…。
おしゃべりな蘭たん、お返事が無いのは体調が悪いと言うこと…。

扉を閉めてもらうと、暫くしてゴロンと仰向けになり、
何度も背中をすりすりこすりながら甘えて見せてくれました。
蘭たん……蘭たん…。でも全然元気無いね……。蘭たん……。


蘭丸は入院中、24時間の静脈点滴で両腕の血管はもう使えなくなったので
後ろ脚に点滴してましたが、これも動いたりとですぐにダメになり、
残るは後ろ脚一本になりました。でも本当に悪くなった時に使いたいからと
そこは使わず、現在点滴無しでの入院です。
先生に聞き忘れたけど…血管って回復するんですよね?
どの位の期間があればまた腕に点滴できるようになるんでしょうか…
もし経験された方がいましたら教えて下さい。

蘭たんは両腕が使えなくなったから
(血管だけなので動き等には問題ありません)
長期入院を考え、頚動脈(?)に針(管?)を設置し
そこから点滴をする事も考えてますと言われました。

なんだか聞いてると怖いのだけど、先生は技術持ってますので大丈夫です!!
との事でした。先生の腕を怪しんでるわけではなく…
胃にも管を通し、喉にも通し……猫の小さな体なのに…本当に可哀相で…。
休診日の検査結果で今後の治療方針が決まるので…
点滴の無い今でもお薬でなんとか肝臓の数値が下がったり、
熱が落ち着いたりご飯を食べてくれると良いのですが…。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ


蘭たん…、
どうか、蘭丸が元気になりますように。

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。