9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝リピドーシス♯20 再入院。

2011年5月14日。
本日、蘭丸再入院しました。


心配していた軟便&下痢も一昨日薬をかえてから治まり
良便になってました。ご飯も問題無く食べれていて
エリカラをあちこちぶつけながら歩いたり、ベッドに飛び乗ったり…
元気もとてもありました。黄疸も0.2位に下がってました。
見た目にはどこも悪くないのに…

また肝臓の数値が上がってしまいました。
せっかく下がって退院出来たのに、
退院後ちょっとずつ上がっていき、今日の検査では
AST,ALTどちらも1000オーバー(測定不能)。


肝リピドーシスの症状は落ち着いてるので他の原因を考える…、
「蘭ちゃんは食べれてるので、一旦チューブを外し、
その時についでにバイオプシーをしましょうか」と言われました。
撤去のついでに出来るのは本当にありがたいです。
けど、肝臓の数値が上がってるのでまたご飯が食べれなくなったら
どうなるんだろう…と考えると、簡単にはハイとは言えなくて…。

細胞の検査ですよね?と尋ねると
「そうです。原因がわからないと、蘭ちゃんは甲状腺の疑いもありますし…」と。
そして先生がポツリと「…点滴をしてみる、って事もありますが」と。
続けて、「蘭ちゃん、点滴してる時はガツンと数値下がったので」と。


点滴で下がるかも!!
…と気持ちが前向きになった瞬間…、

「お預かりになりますが…」


……そっか、
点滴=入院か…入院、入院、入院…入院………。

でもご飯も食べれてるし便の状態も良く、元気も気力もあるから
まだ少し「安心」して入院出来るかな…と思いお願いしました。


肝臓の数値は測る度に高くなっていったので
多分、今日病院へ行かなくても数日後には
体調が悪くなり病院へかけこむ事になっていたと思います。
多分、今は上昇気味だと思うので今後もっと悪くなる可能性もありますが、
蘭たんは回復出来た子なので今回も頑張ってくれると思います。

退院後、家でリラックスして沢山眠って食べて
体力も体重も戻ってきていたので、治療を頑張る力は十分あると思います。
前回よりはかなり前向きな入院だと思ってます。


蘭たん、
頑張ろうね。

明日会いに行くね。
点滴頑張ってね。




退院後、他の子達と隔離する為に蘭丸は別室での生活になりました。



窓の近くにケージを置いたのですが、蘭たんお外が見たい。



「ラン、そっち行きたいにゃよー」



「行きたいにゃよ…」


カラーがあるので登れません。


こういう時は蘭たんに「お外見ようねー」と声をかけて
抱っこして窓のところへ乗せます。


蘭は本当は何でも出来るんだもんね。
チューブとカラーが無くなったら運動神経ばつぐんの蘭に戻るよ。

だからもう少し頑張ろうね。
蘭たん、よくなりますように。
肝臓の数値が下がりますように。
蘭たん頑張れますように。

蘭たん、蘭たん、蘭たん!!



のっちん、あーちゃん、イヴちゃん、
ごめんね…どうか蘭たんの事見守ってください。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ


拍手レス

mamさん
蘭丸の事、大丈夫って言って下さりありがとうございます!!
入院になってしまったので、昨晩のmamさんの力強い「蘭たんは大丈夫!」の
文字に凄く力を貰いました!!ありがとうございます!!
蘭たん再入院になりましたが、頑張れると思います。
応援ありがとうございます!!!

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。