9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝リピドーシス♯17 胃ろうチューブ

蘭丸の病気について。

蘭たんはご飯を食べれなくなり「肝リピドーシス/脂肪肝」になりました。
肝臓の数値は振り切っていて、黄疸も一番酷い時で13.0mg/dl。

病気の本やネットで調べると、黄疸が出て来たら酷く悪い状態で
もともと助かる確率は50%、他の病気を併発していたら20%との事。

主な治療は長期に渡っての強制給餌と肝臓のお薬、自分で食べれるようになるのは数ヶ月後、
「回復しました」と言えるのは数ヶ月から長い時には1年にも…。
中には、治った後も以前のような元気な姿には戻りません。
安静に余生を過ごすのがやっとですみたいな事も書かれていました。
(寝たきりに近いような感じでしょうか?)


ネットで闘病記録や掲示板を見ると…助からない子が多く、
しかもどの子の数値も蘭丸より全然低いのに…。
蘭丸より数値の低い子が助からないのだから…蘭丸は…
しかも黄疸が10を超えたらアウトとか書いてるし…
蘭丸は肝臓の数値振り切っていて(測定不能)黄疸も13…。
そして面会での調子の悪い蘭たんの様子…。
ICUに入ってる間、全然回復しない蘭丸…


正直、入院翌日(ICUに入った日)には覚悟しました。
先生にも泣いて「助からないなら、死ぬなら連れて帰ります」って気持ちを伝えました。
先生は難しそうな顔をして「でも、今連れて帰る方が危ないです」って。


…先生を信じて本当に良かった!
本当に蘭丸助けてくれました!!凄いです!!





胃ろうチューブの姿は痛々しいですが…
でもこのチューブを付けた事が回復につながったと思います。
しかもあんなに危険な容態での麻酔を使っての設置手術…蘭たん本当に凄い生命力です。



蘭たんはICUに入って10日目くらいからやっと私に反応を見せはじめ…
それからはぐんぐんと回復していきました。しかもすぐに自力で食べるようになり
チューブから強制給餌をしたのはほんの数回のみ。
先生は早い段階から「もうチューブをはずしましょうか」と!

でも私は、肝リピドーシスの「長期」強制給餌がどうしても気になり、
病院で食べれていても、家に戻って環境が変わったら食べれなくなるかも…
暫く食べていてもまた食べれなくなるかも…と私の不安の方が大きくて、
「設置出来る期間は付けていて、いつでも人工給餌が出来るようにしたいです」と伝えました。



退院して、蘭丸の食欲は戻っていてきちんと食べてくれました。
チューブがある間はカラー生活です。蘭たんはビニールをかじったり食べたりする子なので
出てるチューブを噛みちぎり飲み込む恐れがあるのでカラーは外せません。
(ビニールは食べないように置かないようにしています)


退院してから一週間経ちましたが、蘭たんはきちんとお薬も飲めるし
ご飯も指示された量の殆どは食べれています。
(1日5~8g少ない日が多いけど、ぴったりの日、5g多い日もあります)
先生が仰るには、家で病院と同じような看護が出来るなら
入院の必要は無いとの事です。

現在、仕事がとても忙しいのですが自宅に持って帰って出来るので
蘭たんの看護は問題なく出来ています。


先生は家の中を自由にさせていいとの事でしたが、
蘭たんはビックリするくらい元気で、カラーとチューブのせいで
動きが鈍い・制限されるだけで本当に以前の蘭たんになってきました。
ただ、まだ肝臓の数値も高いままですし、病気中なので
よく眠れるように、一日の殆どをケージの中で過ごさせています。

蘭たんもケージ生活に慣れたようで、
自由にしていても気が付いたらケージの中でくつろいだり眠ったりしています。
中に入れても「出してー出してー」と騒いだりしません。







私のベッドでお昼寝蘭たん。
やっぱりいつものベッドが落ち着くーって感じで心からリラックスしてます。



カラーが邪魔だけど、でもこの枕の高さが丁度良いみたい。
ICUには猫ベッドが無いからこういう姿勢で寝る事出来なかったもんね。



ね!この寝顔。



入院時に酷かった黄疸もこんなにきれいになりました。
まだ白目や口の粘膜、歯茎には黄疸が見られますが本当に薄くなってきています。

黄疸の数値も前回で0.4まで下がりました。



肝臓の数値は少しずつ下がってきていたのですが
4/29の時に  ALT/GPT 300 * AST/GOT 153
5/5の検査で  ALT/GPPT 481 * AST/GOT 172 とあがってます…。
1000オーバーの時と比べると低いけど、基準値が(12-130)なので高すぎます。
それから昨日から下痢…。


まだまだ気の休まらない日々が続きますが…
蘭たんが沢山頑張ってくれてるので頑張らなきゃ!ですね。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ



コメントありがとうございました!
次回お返事させて頂きます。
(遅くなってごめんなさい!!)

テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。