9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝リピドーシス♯09 肝臓の数値

入院9日目です。

激しい嘔吐、絶食、黄疸で入院してから9日。
蘭たんは「肝リピドーシス」と診断されました。

4/13(入院当日)の血液検査
TP/総タンパク質  9.3 (5.7-8.9)
Glu/血糖値     143 (71-159)
ALT(GPT)      1000(12-130)測定不能
AST(GOT)     1083(048)測定不能
ALP         237(14-111)
T-Bill       10.7(0.0-0.09)黄疸
T-Cho(コレストロール) 295(65-225)
WBC(白血球)   127(55-195)
RBC(赤血球)   868(550-1000)

3/15
(食欲元気はあるけど粗相、頻尿で通院した時の結果) 

WBC    51(55-195)
RBC    878(550-1000)
Glu 123(71-159)
ALT(GPT) 139(12-130)
AST(GOP) 76(0-48)

その他にもありますが、基本的に肝臓の数値と黄疸以外は正常値範囲です。
以下、上記の数値と比べていきます。


4/15
TP    9.2
ALT   1000
AST   1000
ALP    283
T-Bill 13.0
※黄疸は数値が上がり、一目で黄色いのがわかります。

【4月16日に胃チューブを付けました】

4/17
TP   7.6
Glu  126
ALT(GPT) 740
AST(GOT) 243

T-Bill 12.3

※数値がぐんと下がりましたがまだ高いです。


4/18
ALT(GPT) 527
AST(GOT) 1000(測定不能)
T-Bill 13.0
※ALTは下がりましたがASTがあがりました。


4/19
ALT(GPT) 1000(測定不能)
AST(GOT) 1000(測定不能)
T-Bill   3.0
※ALT、AST共に1000オーバーですが黄疸の数値がぐんと下がりました。
正常値が(0.0-0.9)なので3.0でも高い。


肝臓の数値が下がってきていたので喜んでいたのですが、
またも1000オーバーと悪い結果が出ました。
黄疸の数値は今回初めて下がりました。

血液検査は悪い数値が出ていますが…
今日の蘭たんは今までと違って動きが沢山ありました。



(現在の携帯待受画はこの蘭たん)


今日の蘭丸は朝、ミーティング中の看護師さんを
お座りして目をぱっちりあけ見つめ、
看護師さんがICUを覗き込むと蘭たんは大きな口をあけて「ニャーン」と
鳴いていました。

その後、何度も何度も看護師さんと目が合う度
「ニャーン」って鳴いていました。
それから、立ち上がり…点滴の付いてる腕を気にして
何度か振っていました。そしてお座りして毛づくろいをはじめました。
エリザベスカラーが付いてるのでカラーを舐めるだけですが
形は毛繕いそのもの。何度も毛繕いをしていました。

入院した翌日はまだ通常の入院室で面会に行くと「ニャーンニャーン」と
鳴いてゴロゴロ甘えてくれたのですが、それ以降は元気がなく
ニャーンと鳴く事もなく、手を振る事も毛繕いをする事もなく、
いつも箱座りをして気力体力が無い、とてもきつそうに見えました。

でも今日の蘭たんは全然違っていました!
看護師さんにその事をはなすと
「そうなんですよー、昨日から鳴くようになりました」と。
本当に嬉しいです!!

そして先生が「蘭丸くん、ご飯食べるようになりました」と!
思わず「口からですか?」と聞くと「はい、自分から」と。
先生が仰るには「こんなにあちこち点滴やカラーや胃チューブを
つけられて、しかも療法食は匂いも味もおいしいとは言えない
けど、それを食べたので凄い事だと思います!!」って。


肝臓の数値は元に戻ってあがったけど、でも元気が全然違う!
ずっと元気の無い蘭丸ばかり見ていたので
本当に嬉しくて、説明を受けてる時涙が出てしまいました。
ずっと気持ちをこらえていたので…。


面会する頃には蘭丸は一通りの動きをやめ横になって休んでいました。
ICUを除くと…蘭たん目を細め…私にはニャーンと鳴いてくれなかったけど
でも少し体を横にリラックスし手を小さくグーパーグーパーしました。

蘭たん頑張って。あと少しだよ。
ご飯もっと食べれるようになってね。
蘭たん頑張ってね。蘭たん。


看護師さんの一人が蘭たんの事をよく見ていて下さってるようで、
お休みなのに病院へ出てきて下さったそうです。
先生が「お休みなのにどうしたの?」と尋ねたら
「蘭丸くんが心配だから…」と。本当にありがたいです。
蘭たんのこと、思って下さっています。本当にありがたいです。
蘭たんも本当によく看護師さんの顔を見ています。
顔を見て、目を見て、ニャーンと甘えています。
蘭たん、もっとリラックスしてね。
蘭たん、もっと安心して治療受けてね。頑張ってね。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ


入院は本当に見守る事しか出来ないのでもどかしい気持ちもありますが、
今日の蘭たんはとっても気力が出ていたので、もうしばらく…
蘭たんがICUから出れるまで…。蘭たん頑張ってね。蘭たん!!




テーマ : 我が家の猫
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。