9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝リピドーシス♯03 入院4日目

現在、
蘭丸の容態は良いとは言えない状態です。



昨日のこと、
「ちょっと元気になった蘭たんに会える!」と期待して病院へ行くと
蘭丸はICUに入っていました…。

前日に先生が「本当に悪くなるとこっちへ入るけど
蘭ちゃんは一般入院室なので」と話していました。

その「こっち」に蘭丸が入ってる…。



頭の中、ぐるぐるとガンガンと真っ白になり
どうしよう、どうしようと不安いっぱいで先生の説明を聞きました。

嘔吐は無いけど、フードを食べさせるとヨダレが出るとのこと。
そして黄疸の数値も上がってるとのこと。
元気も全く無く、ICUの中でじっと丸まっていました。

少し離れて見ると、蘭たんの反応がない。
わかんないのかな…?昨日と全然違うね…。
近寄ってじっと見つめると、
蘭たんは私の事がわかったみたいで、
ゆっくりと上半身を起こし、
そっと横に転がり私の顔を見つめ手をグーパーグーパーしました。

とてもきついのに蘭たん甘えてくれた…。
院長先生が「手をグーパーしてますね。蘭ちゃんとても可愛いですね」って
言ってくれました。蘭たん可愛いんです。とっても可愛いのです。

蘭たん、お家に帰れると思って喜んだのかな?
私に会えて安心したのかな?
蘭たん、今すぐ抱っこして連れて帰りたくて堪らないよ。蘭たん。蘭たん。



昨日より悪くなっている蘭たんを前に
泣いてしまいました。

辛いのは頑張ってる蘭たんなのに。



状況がイヴの時と酷似していて…
先生にその時のこと、気持ちを伝え、
イヴが死ぬとわかっていたら連れて帰っていた。
蘭たんももしそうなら私は連れて帰りたい。
と伝えました。

先生は
「お気持ちわかります、が、
蘭ちゃんの場合連れて帰る方が危険です。
心臓と違って、まだやれる事はありますし、
私達も諦めていません。
まだ回復する見込みのある状態です」

と仰って下さりました。
その言葉を信じて、

そしてまだ可能性のあるのなら
蘭たんに凄くすごく頑張って貰うしかない…。



…それが昨日の事です。




昨日は、どうしても不安でいっぱいで
かなり滅入ってしまいました。


夜寝る前に今日の蘭たんの様子を日記に綴り、
「やっぱり無理にでも連れて帰ればよかった…」
「イヴの時みたいになったらどうしよう…」
と不安で押しつぶされそうになりました。

絶対、明日は蘭たんを抱っこさせてもらおう。
無理だと思うけど、
私は最期イヴを撫でてあげる事が出来なかった事が
今もずっとずっと悔やんでいる。


蘭たんは絶対大丈夫!
電話は絶対鳴らない。
絶対鳴らない。



とても不安な夜。
絶対大丈夫。

蘭たんの生命力を信じてる。
蘭たん頑張れ!!!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ


コメント本当にありがとうございます。
気持ちが落ち着いたらお返事させて頂きます。
蘭丸の事心配して下さり、力強いお言葉とお祈りを蘭たんに下さり
本当に感謝しています。ありがとうございます!!!

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。