9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アル-天国へ旅立って2年-

2011年2月10日 アルの命日です。



アルが天国へ旅立ってから2年が経ちました。







可愛い可愛い私のあーちゃん。
アルは生後6ヶ月と25日で天国へと旅立ちました。

本当に短い猫生だった…。






アルは2008年7月16日生まれ。
我が家にやってきたのは同年9月25日、アル生後2ヶ月と9日の時。
アルは天真爛漫でヤンチャで活発で明るい子。すぐにスズ達の仲間になった。

aru09092504 (2)

とーっても大きい蘭たんともきちんとごあいさつ。

aru09092503 (2)

スズの事はすぐに大好きになっていつも後をついてまわるようになった。


小さくて元気いっぱいのアル。
あーちゃんの瞳にうつるものはなんでも遊びの対象になった。
敷いてるだけのマットも、アルにとっては楽しい楽しいオモチャ。



こういうところに登るだけでも楽しい。
アルは本当に毎日毎日楽しく暮らしていました。



元気で活発で食欲旺盛でどの猫とも喧嘩せず楽しく暮らしていたアル。
そんなアルの様子がおかしくなったのが、2008年12月にはいってから。

あーちゃん、まだたったの生後5ヶ月。
我が家に来てからまだたったの3ヶ月のこと。



涙目になり、軟便になり、咳が出るようになった。
12月中旬、食欲が半分に落ちた。でもきちんと食べる日もある。

病院に行き、検査をし、様子を見…
FIPの可能性が高いと診断されたのが2009年1月9日。

あーちゃん生後5ヶ月半の時。
食欲にバラつきがあり、熱も出るようになった。



そして2009年1月17日、2度目のFIP発症宣言。
あーちゃん生後6ヶ月を迎えた翌日、やっと生後半年になったばかりなのに。



もうこの頃には熱が続く日が多く、食欲も低下、元気もない。
一年前のノアとアルが、重なって見える…。




(写真は時期とは関係ありません。全て生後3ヶ月頃の写真です)





あーちゃんと過ごした日はたったの4ヶ月半。
あらためて短いと思う。

4ヶ月半しか過ごしていないのにこんなにも大きな存在なのは
死んだあともずっと生きてる時と同じく「私の子」として思い続けてるから。

「死」と「生」はとても大きな違いだけれど
私の中では境界線が無くなってる気がします。

生きていても死んでいても同じ。
ノアもアルもイヴもずーっと私と一緒にいる。
生きている蘭丸達となにも変わらない。

ただ姿カタチが無いだけ。
…勿論、姿カタチがあると言うこと、
命があると言うことはとても大きな意味を持ちますが…。


そう思えるのは側に遺骨を残したままだからかな…?
「納骨をしなければいけない」と思っていたけどどうやら私には無理みたい。


あーちゃんがいる事が当たり前すぎて
アルと暮らした日々がたったの4ヶ月半しか無かったなんて
自分でも本当に驚くほど。


「あーちゃんの事ずっとずっと想い続けるよ。」
私があの時心に誓った想いは今も変わらないまま。



これからもずっとずっと私の可愛いアル。
ずっとずっと大好きだよ。ずっと想ってるよ。


あーちゃん、おやすみ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ



2年経っても、気持ちは当時のままです。
泣きごともそのまま同じ。
生き返って欲しいのも、死んだなんて嘘であってほしいのも、
ノアがFIPだと診断されてから気持ちはずっと同じままです。
前向きに…と無理に頑張ろうともしましたが、
私にとって、これ以上悲しい事は無いのだから無理に頑張る必要はないって今は思います。





※拍手コメントありがとうございます!
後日(火曜日くらいに)更新の時にお返事させて頂きます。

テーマ : 長毛にゃんこ♪ ☆もふもふな日々☆
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。