9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヴ、一周忌です。

私の可愛い可愛いイヴが、天国へ旅立ってから1年が経ちました。

本当にあっと言う間に一年が過ぎ、私の気持ちは当時と同じまま
どうしてもイヴちゃんの死を受け止める事が出来ずにいます…。



イヴは、私にとって本当に特別な存在でした。
ノアとアルを失った悲しみをイヴちゃんが小さい体で受け止めてくれた。

私にべったりで、
いつだって私の顔を覗きこんで愛らしい瞳で見つめ続けてくれた。


お出迎えもイヴちゃんだけが毎日してくれた。
ブログ更新中も、いつだってパソコンの机に飛び乗り
喉をゴロゴロ鳴らして抱っこの催促。

いつもいつも私を慕ってくれ、私に愛をくれたイヴちゃん。



ごろん、
と転がり、ゴロゴロと喉を鳴らす。

これがいつものイヴちゃん。


嬉しい時、幸せそうな時はいつだってこんな格好で私を見つめてくれたイヴちゃん。


ゴロン、と転がってゴロゴロ喉を鳴らす。
私の中のイヴちゃんのイメージはいつもこんな感じ。



目が合うと、嬉しそうにゴロゴロ喉を鳴らしてひっくり返って見つめてくる。


そんなイヴちゃんのこの姿がとても可愛くて可愛くて
その度に可愛い!可愛い!!と喜んでいたから、


イヴちゃん覚えたのかな…?
喜んでもらえるって、覚えたのかな…



私の中のイヴちゃんは今も同じポーズで転がって喉をゴロゴロ鳴らしてる。


イヴちゃんは私の支えで、私の全てでした。

生前、
もしイヴがいなくなってしまったらどうなってしまうんだろう…と
怖くなるほど、イヴは私にとって特別な子でした。

ラビちゃんとイヴちゃん、
同じ大きさの愛情を持つべきなのに…
べったりと甘えてくるイヴちゃんが可愛くて可愛くて堪らなかった…。



イヴちゃんは純粋でとても綺麗な強い愛情を惜しみなく私に与えてくれた。
イヴちゃんがいてくれたから立ち直れたし、頑張れた。
イヴがそばにいてくれたから幸せだった。


でも、
もうイヴちゃんはいない…。


愛猫を失う辛さ、悲しさ、寂しさ、苦しみはノアとアルで知った。
失った後のそれからも、わかってる。

でも、闘病期間のあったノアとアルと違って
イヴは1年前の今日、突然、死んでしまった…。



可愛い可愛い私のイヴちゃんが、
昨日まで元気だったイヴちゃんが…
発作を起こす直前まで普通にしていたイヴちゃんが…

イヴちゃんの死を受け止める事ができないまま暮らしているから
イヴちゃんのこと、思い出すのが本当に辛い。
イヴちゃんの写真も久し振りに見た。
こんなに可愛いイヴちゃん、毎日想いだしたいのに
悲しくて考えられなくなってしまう…。

1年経ったら落ち着いて考えられる…と思ってたけど
考えられないまま来たから、気持ちはあの時のまま…

イヴの事想いだすのが辛いからブログにも書けなかったし、
イヴの事を想ってしまうからノアとアルの事も書かないようにした…


でも、死んでしまったこの子達は
「想い出の中で存在する」するんです。



私が想わなくなったら、皆が忘れてしまったら、
もう、どこにもイヴちゃんはいなくなるんです…。


私の可愛い、愛しいイヴちゃん。
大事な大事なのっちんとあーちゃん。

今も変わらず、
生きてる時と同じ…それ以上に大好きな可愛い私の子です。




ノアとアルを失い、
ラビとイヴを迎えると決めた時、

この先、何があっても、
例え病気になっても、事故に遭っても、亡くなっても
全部を受け止める覚悟を決め、ラビとイヴを迎えたんです。

動物は短命。遅かれ早かれいつかは人間より先に死ぬ。
死ぬ事を覚悟して、理解して、受け止めてから飼うべき。

と言う意見を目にした時、
本当にその通りだと痛感しました。

でも、覚悟を決めて迎えても
やっぱりその時がきたら辛いし、
ノアとアルの事があっても、
イヴの死を受け止める事ができなかった。



まだまだ泣き事を言う時があるかもしれないけど、
一番辛く苦しく無念な気持ちを抱えているのは
病気で苦しんで力いっぱい最後まで頑張った、ノアとアルとイヴ。

この子達の苦しみに比べると
私の悲しみも辛さも、感じる事すら
ノアとアルとイヴに申し訳ない…恥ずかしい。


でも、この気持ちは消える事は無いと思います。
ノアの事もアルの事も、完全に断ち切ったわけでもないし、
やっぱりいつも心の中に当時の気持ちはあります。

深い悲しみから立ち直った時に、
ノアとアルを手のひらサイズに小さくして
私の胸の中で、一緒に生きていく…と思いました。
今はノアとアルとイヴ…一緒に生きてるつもりです。
そう考えると、少しだけ心がラクになった。


私はノアとアルとイヴを幸せに出来なかった。
長生きさせてあげる事が出来なかった。

けれど、ノアとアルとイヴへの愛情と想いは
誰よりも深く大きい。これからもずっとずっと
私の大切な、愛しいのっちんとあーちゃんとイヴちゃん。


イヴの一周忌を迎え、
気持ちを切り替えようと思います。

イヴを迎えたのだから、
イヴの死も受け入れ、受け止めます。

イヴの当時の事を綴る時、また泣きごと多いと思いますが…
私は大丈夫なので、これからもうちの子達の事見守って貰えたら嬉しいです。




イヴちゃんのこと、愛して下さり本当にありがとうございます。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。