9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫コロナウィルスを撃退出来た理由。

FIP、猫コロナウィルス、は明確なメカニズムが確定されていないので
  いろんな考え、予測があっても良いと思っています。
  それを踏まえて、ノアとアルをFIPで看取った私の「今」の考えです。






あらためて…


ビビ、蘭丸、鈴丸は抗体価(1600倍、3200倍)の検査しかしたことが無かったけど
ラビちゃんは2009年の5月22日の結果で『300』ウィルスが検出されました、と出た。

あれから1年2ヶ月ラビは元気なまま、
2010年7月20日、うちの子達のネココロナウィルス遺伝子検査の結果が出ました。

ビビ、蘭丸、鈴丸、ラビ、 4匹とも
検体中からネココロナウィルスは検出されませんでした」 と結果が出ました。
猫コロナウィルスとさよなら、出来たんです。

ノアとアルをFIPで亡くしましたが…、
私は、残された子達の「猫コロナウィルス」の治療を何一つ行っていません。

ノアがFIPを発症したから、アルの事は特に気にかけ「手作りご飯・サプリ」に力をいれた。
だけどアルは発症してしまった…。
そして市販のフードのみでもビビも蘭丸も鈴丸もラビも元気に生きている。


ラビイヴが遺伝子検査で数値が出て陽性だとわかった時、
猫コロナウィルスの治療は一切しないと決めました。



インターフェロンを打つのは外に連れ出されるのが嫌いなうちの子には最大のストレスになるし、
サプリを飲ませる事で元気にしている「」の体内のバランスを変えるのが怖かった。
食事も市販のフードのみ(主にアイムスとサイエンスとサイエンス缶)
薬、注射、サプリ、それらが良い方向へ体を導くであっても、
私は猫達の体内の今のバランスを変化させるほうが怖いと思いました。

それに、猫コロナウィルスは大半の猫達が保有しているウィルス。
でも、ノアとアルがFIPを発症しなかったらそんな事知らずに生きていた。
圧倒的に検査も治療せずに暮らしている猫コロナウィルス保有の猫の数のほうが多いと思います。
でもみんな元気に生きている。同じ環境で生きていても発症する子はする、しない子はしない。
猫の体と、ウィルスの相性、バランス、タイミングだと私は思ってます。

「効果には個人差があります」…お薬、サプリには「体」との相性がある。
効く子もいれば効かない子もいる。
病気も同じく、体のその時の体内のバランスと病原との相性があると思ってます。

FIPの治療法、予防法が、ワクチンや薬で確定されていない今は
どんな可能性にもすがる事があって良いと思ってます。
薬、注射、サプリ、ご飯、気功、不思議系のもの…

私もノアとアルが発症した時、病院に通っても治る事は無いと知りながら
薬も続けたし注射もした。藁にもすがる気持ちでサプリにも頼った。
動物気功師の方に電話して、遠隔気功というものも送って貰っていた。
(気功の事は無知で、わけのわからないまま、心からすがった)
うなぎの白焼きが良いと聞き、買いに走った。売ってるのはタレ付のばかり。


どうにか助けたい、助けたい、助けたい、その一心です。



FIPは明確にされていない、獣医でもなんでもない素人が口にするには
難しい病気だと思っています。戦われている猫ちゃん、飼い主さんの気持ちを
思うと、よりそう思います。でも、明確でないからこそ、100通りのケースが知りたい。
アレを試した、コレを試した、こうなった、ああなった、
病院に行っても助けてあげられないから、なんでもいいから知りたい。
先生に聞いても、猫の医学書に載ってるような事しか教えてくれない、その先が知りたいのに。
初めてFIPと向き合った時、あまりの時間の無さに心は焦るばかりで、時間が足りない、足りない…。
あれから2年半経っても、知りたい事はわからないまま…




…何もわからないまま、
なのに、何もしていないのにどうして
4匹の猫コロナウィルスが消滅したかと言うと、家の場合、考えられるのは一つだけ。


SHARP プラズマクラスターイオン発生機 IG-B200  の使用。



※北里研究所とシャープは「プラズマクラスターイオン」技術によるネココロナウイルスの不活化を実証。
プラズマクラスターイオン発生機(←こちらに商品の詳細があります)
実証実績 (←こちらにウィルス、細菌の種類が記されています)

40分以内に空気中の浮遊猫コロナウイルスの99.7%を不活化できる、との事。
不活化したウィルスが体内に入っても感染しない、とあります。




しかしどこを見ても「体内に入った猫コロナウィルス」に効果があるかどうかは書いていません。

でも、空気中のウィルスが不活化するのなら体内のウィルスにも
ちょっとは効果があるのでは…もしくは、空気中のウィルスを減らす事によって
少しずつ体内のウィルスも減るのではないか(ウィルスは排便等で体内から出るので)と
私は、本気でプラズマクラスターイオン発生機を信用して使い続けました。



2009年3月から10月までの7ヶ月間はコンパクトサイズのIG-B100を使用後、
2009年10月から2010年の7月現在の9ヶ月は大きめサイズのIG-B200を使ってます。



プラズマクラスターイオン発生機トータルで試用期間、1年4ヶ月目です。

※シャープの電化製品にはプラズマクラスター搭載のものが沢山ありますが、
私は猫コロナウィルスを不活化させる為に使用しているので高濃度のイオン発生機を使ってます※





投薬、注射、サプリ、何もしていないけど猫コロナウィルスを撃退した
使い続けたのはこのプラズマクラスターイオン発生機だけ






ケーナインラボの遺伝子検査で「猫コロナウィルスが検出されず」と結果が出た今、
疑う余地は無い、と言うか…結構かなり、本気で【プラズマクラスターイオン発生機様々】です。





二度と猫コロナウィルスが蔓延しないよう、
プラズマクラスターイオン発生機様にはこれからも毎日頑張って貰います。
(現在、計5台のプラズマクラスターイオン発生機を使用してます)



猫コロナウィルスは多くの猫さん達が保有しているとされているので
もしFIPのこと、猫コロナウィルスの事、プラズマクラスターイオン発生機のこと
気になるな~って方は、買って損は無いと思いますよ。
むしろ買って~~!!と土下座してお願いしたいくらいです。
(キャッテリーやペットショップや病院等には特に…)


最後に、うちの子は猫コロナウィルスの治療は何もしていません。
プラズマクラスターイオン発生機使用だけで4匹の体内から猫コロナウィルスが消えたので
猫コロナウィルスを撃退出来たのはプラズマクラスターイオン発生機のおかげだと思ってます。







FIPは猫コロナウィルスが体内で突然変異をするので、原因となる
猫コロナウィルスを撃退出来ればFIPを発症する事は無い、ハズです。

つまり、FIPを予防出来たと言っても過言ではないと思ってます。





※これはFIPのノアとアルを看取った飼い主の私が知りたい100通りのケースの1つです。
「可能性の一つ」としてお考え下さい。


人気ブログランキングへ

現在もプラズマクラスターイオン発生機は毎日24時間フル活動中です!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ




拍手コメントありがとうございました(*^^*)
お返事は明日させて頂きます。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。