9匹の愛猫の記録を綴っています。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
プロフィール


登場人(猫)物
【エム…猫の飼い主】

猫が苦手で縁の無かった人生。
2001年に1匹のサビ猫と出逢い、
今では9匹の猫の虜に…。


クレア♀チワワ 2014年2月6日生
ロングコートチワワ黒&白
人も犬も猫も大好きな末っ子



ビビ♀サビ猫 01年6月生
生後9ヶ月頃瀕死状態を保護
人見知りの激しいツンデレ長女


蘭丸♂・茶トラ03年4月生
生後1ヶ月半の頃に譲受
おしゃべりな甘えた坊ちゃんな長男


鈴丸♂・サバトラ04年12月生
生後2ヶ月半の頃に譲受
ヤンチャで我侭な寂しがり次男


ラビ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
マイペースなお転婆次女


メープルシロップ♀
2012年10月15日生
ノルウェージャンFC
シルバーマッカレルトービー&W
小粒ちゃんな愛され末っ子の五女。
なかなか懐かない猫好きニャンコ♪



マスク♀黒×白 09年7月生
生後8ヶ月頃瀕死状態を保護
噛みつき攻撃魔の四女


モモ♂・雑種犬98年6月生
生後3ヶ月の子犬時代に保護
我が家の癒し系。

ノア♂・07年7月3日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった三男

FIP(wet)を発症して
08年3月19日永眠
享年生後8ヶ月と16日

アル♂・08年7月16日生
ノルウェージャンフォレストキャット
ブラウンマッカレルタビ-&ホワイト
愛らしいまま天使になった四男

FIP(dry)を発症して
09年2月10日永眠
享年生後6ヶ月と25日


イヴ♀ 08年11月8日生
ラグドール/ブルーバイカラー
おっとり甘えたなお嬢様な三女

09年11月17日永眠
享年1歳と9日






月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラビちゃんの心の変化。

この半年でラビはすごく変わりました。



自分の名前を覚えた。
お返事をするようになった。
名前を呼ぶと寄ってくるようになった。
ゴロゴロ喉をならすようになった。
目をそらさなくなった。
目を見て気持ちを伝えてくるようになった。
飼い主に甘えるようになった。
一緒に眠るようになった。
抱っこを嫌がらなくなった。
他の猫と遊ぶようになった。
他の猫と寝るようになった。
他の猫と寄り添うようになった。




今まで出来なかったの?と驚かれると思います。



半年前までは、

私のことも、ビビ達のことも、ラビは全く興味がない。
イヴだけが好き。イヴだけしか見えていない。
遊ぶのもご飯を食べるのも眠るのもイヴとだけ。

イヴは私にも他の猫にも甘えたりしてくる子で、
ラビはそういう時、少し離れて眠ってた。
絶対にみんなの輪に入ってこようとはしませんでした。


寂しいけど、でもラビの好きなようにさせるのが一番、
イヴもいるし事だし、姉妹の好きにさせようって考えてました。






だから、イヴが天国へ旅立ったあと
「これからラビはどうなってしまうんだろう…」と本当に不安でした。
それほど、ラビの世界にはイヴだけ、イヴ一色だったので。












少し前まではイヴと追いかけっこをしたり、オモチャで遊んだり
ジャンプして飛びかかり猫キック、猫パンチのプロレスごっこをしたり
一日1回は大運動会をやっていたラビちゃん。



2010年1月4日撮影。
当時のラビはこんな風に一日をボーっと過ごしていました。

食欲や動きはあるけれど、まるで別猫のように大人しくなったラビちゃん。
もともとラビとは意思の疎通が出来ていない状態だったので
ラビがどうしたいのか、何を望んでいるのかわからず
(ラビが望んでいるのはイヴの存在ですが、それはもう無理なので…)
ラビとは信頼関係が築けていない状況だったので、
私ではラビの心を癒す力が無く、ただ出来る事は
少しでもイヴの変わりに、ラビと沢山遊ぶ事だけでした。


ラビは人間に興味が無いので玄関やドアの前でのお出迎えは
一切しない子でしたが、イヴが旅立ってからは
横になっていても、音が聞こえる度に駆け寄り扉が開くのを待っていました。
…ラビはイヴちゃんの帰りをずっとずっと待ってたんです。

暫く経って…もう諦めたのか…悟ったのか…わかりませんが
ラビは扉の前で待たなくなりました。



もうイヴの事を諦めたのか…
今まで一切近寄らなかったスズ達に自分から近寄るようになりました。
スズ達は最初から受け入れ体制だったので、すぐに距離が縮まり、
一緒に眠ったり、遊んだりするようになり、
そして私の存在も受け入れてくれました。



私達を見ようとしないラビ。
一人ぼっちになったラビ。
私達を受け入れて前に進んだラビ。




ラビはイヴのいない世界から目をそらす事なく
自分だけの力で前に進みはじめたんです。


すごいなぁ。
いつだって純粋に生きようとしている。

私はいつもこの子達に教わるばかり。
いつだって支えてくれるのはこの子達。








イヴちゃん、
ラビちゃんは元気だよ。
もう心配しなくていいよ。
大丈夫だよ!



にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ



テーマ : 長毛にゃんこ♪ ☆もふもふな日々☆
ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。